ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ128件目 / 全216件次へ »
ブログ

魔坂の離婚

2017.07.28(金)

 最近知り合った女性の友人ナースと、最近芽が出た女性トレーダーが、離婚することになった。
 ナースはいいのだ。手に職あって、ひくてあまた。自分で食っていける。ダンナより収入もあったらしい。
 問題は、トレーダーのほうだ。

 経験上、成り上がったばっかというのは、非常に不安定ですわ。守りから固めたわたしでも、大きく取ったあと、大きく飛ばした。
 守りから先に固めたタイプのトレーダーでも、資金を減らさない守備をひいていても、それでも、やられ方が制御できなくなった時期がある。守りを固めているつもりで、実はかたまってなかったって、反省しきりの時期がある。

 最近でいえば、しばらくヘチゲロがとりやすかった。押し目取りが、わたしでも獲れたりしてた。
 わたしは出来高代金がある貸借銘柄を、メイチではっていくタイプだ。ヘチゲロは得意じゃない。強いところで入って、もっと高値で手放すタイプのトレーダーだから、押し目取りは得意じゃない。
 それでもヘチゲロも押し目取りも獲れた。
 ってことは、個人トレーダーの好む、新興市場トレードと、リトレイスメントトレードをやってる人たちは、みんな獲れたってことだ。

 わたしのトレードは、必ずってほど、ドローダウンの時期がある。
 その時には、なにをやっても獲れない。
 トレーダーは、勝てるようになるだけでは、安定しないと思う。負けをコントロールできるようにならないと、平常心を保つのは難しいと、私は経験した。

 わたしが、ドローダウンをガマンできるのは、稼ぎが安定したつれあいがいるからだ。
 最悪全部ふっとばしても、路頭には迷わないですむ。
 この安心感を、離婚する前に考えるのは、大事だと思う。

 女性だからじゃない。男性でも同じだ。個人的には、男のほうが危ないと思っている。
 家族さえいなければ、もっとトレードに打ち込めると思うのはおかしい。家族がいるから暴走しなくてすんでいる。
 できあがっていないトレーダーが、一人になったところで、飛躍的に伸びることはないですわ。
 だって、一人だろうが家族持ちだろうが、やることは一緒なのだ。
 それができていないから、稼げない。
 200~300万あたりの初期資金を10倍化できりゃ、はじめて、そっから一人になることを考えたらいい。でないと、本当に危ないのだ。

 芽が出たばっかのトレーダーなら、状況はもっと悪い。
 今まで、つれあいの収入があるから、最悪でも家と食は確保できていた。一人になるということは、その命綱を手放すということだ。
 自分の収入が5000万、つれ合いの収入が500万だとしよう。明日どうなっているかわからない年収5千万では、心の安寧は無い。
 安定した500万の方が、メンタル的にははるかに楽だし、強い。年収5千万が、年収5百万を命綱にすることは、しょっちゅうある。

 トレードは、平常心がモノをいう職業だから、命綱なしでは、負のスパイラルに突っ込みやすくなる。
 自分がつれあいに助けてもらっていることを、考えた上で、離婚しましょう。

 トレーダーは、ちょっと稼げるようになった程度で離婚してたんじゃ、魔坂を転がり落ちると思うのだ。


 
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。