ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ129件目 / 全216件次へ »
ブログ

バックグラウンド

2017.07.27(木)

 わたしの仕事は、基本、作業に入る前に、上手くいくか行かないかが8割方決まっている。
 どれだけ、事前の準備をしたかが、如実に表れる。
 にもかかわらず、何か悪い方に転がりそうな前兆がでたら、それまでの準備を全部捨ててでも全力撤収しなければ、とんでもない被害が出る。
 ほとんどの場合は、撤収しなくてもやり過ごせるのだが、たまに、本気の大惨事に繋がりかねんドツボ急に遭遇する。
 そんなんおかしいだろう。この条件でこんなこと、起こりえないと、自分が思っても、たかだか人間一人の経験と知識なんて、砂粒1つの重さもない。

 ヤバイか? もしかしてヤバイか? って思ったら、とりあえず撤収してから考える。
 何事もなくったって、仲間にブーブーいわれるだけで、仲間や自分を病院送りするわけでも、葬儀場送りするわけでもない。ブーブーくらい聞いてやる。

 考え方そのものが、似てるんだよね、自分のやってるトレードに。
 というよりも、仕事でやってきたことを、まんまトレードに持ち込んだってほうが正しいと思う。
 エントリーする前に、どれくらいのポジションで、どうなったらエントリーする、どうなったらロスカットする、どうやって利確していくを全部決めてある。 
 想定外が出たら、即撤収! わたしの資金量など、市場全体に流れている資金の流れの中では、猪口1杯ぶんはおろか、スポイト1滴ぶんにだってとうてい満たない。

 逃げ遅れて壊滅的被害を食らうことを考えたら、こんだけ事前準備したんだから、もうちょっと粘ろうなんてアタマにはならん。
 どんなに事前準備をしたって、そうなるよりはこうなるほうが、ちょっとだけ確率が高いくらいのもんだし、大きなお金様の流れのなかで、わたしの資金量などスポイト1滴にもならん。スポイト一滴未満が大河のなかで自己主張したところで、勝負以前の問題じゃん。

 なんのために、逃げるが勝ちという、名言があるんだ。迷ってたり、考え込んだりしたら、一瞬で飲まれる。

 わたしがトレードの世界で生き残っていられるのは、こういう考え方が、もう、体にしみこんでしまっているからだ。
 長年体で覚えていったことは、職種が変わったからって、そうそう変えられるモンじゃない。
 
 わたしは、こういう考え方は、トレードに有効だと思うのだが、他人様も同じだとも思えない。
 ひとそれぞれ、バックグラウンドがあるから、その人のバックグラウンドを使うのが、使いやすいと思うからだ。

 持っているものを使え。他人の芝生は他人の芝生、私の芝生は私の芝生。
 たぶんこれも、人生の鉄則だと思う。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。