ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ132件目 / 全216件次へ »
ブログ

プラン複数、最後の一線

2017.07.15(土)

 わたしは、日足をメインにトレードしているんで、前週末に翌週トレードする候補を銘柄登録してある。
 トレード候補ではなくても、値動きを追っている銘柄があるのと、指標にしてある銘柄があるのとで、全部で50くらい
 プランで、最低3つ持っている。

 帰宅後チャートチェック、売買代金10億円以上をザーーーっと。
 目にとまる美脚があったら、チェック。

 そんな時間あるか、ってときには、代金30億以上。
 もっと、そんな時間あるかってときには、登録してある銘柄だけチェック。
 もっともっと、そんな時間あるかってときには、登録してある銘柄のうち、今週のトレード候補銘柄だけチェック。

 エントリー銘柄が決まったら、ココが最後の一線を決める。そこをちょこっとでも切ったら、たとえ1ティックであっても、絶対撤収。
 わたしのロスカットは、それよりもキツイ位置にあるので、最終撤収ライン切りまでは、再エントリー候補としておいておく。

 わたしのトレードが安定しだしたのは、最終ラインをかっちりチェックして、紙に書いたあたりからだった。
 どんなに長い間追っていた銘柄でも、どんなに分析した銘柄でも、そこを越える切るしたら、ナシにする。
 こんなに調べたんだから、もうちょっとなどと考えたら、ドツボ入りまちがいなしだ。

 自分のトレードの土台は
 プランは複数もっておく。ここが最終撤収ラインをきめておく。
 どんなに労力をかけたものであっても、ここが一線をきっちゃったら、諦めてナシにする。
 
 ああ書いてみたら、基本はやってる仕事とかわらんな、と思う。わたしの仕事は、トレードと、考え方が似ているところが多い。
 仕事の師匠、育ててくださってありがとうございます。

 トレードの師匠は、わかっていなかったわたしに、「初心者だから腕はなくてあたりまえ。同期一同より知識がなくてあたりまえ。だけど腕以外のトレードの考え方の土台が出来上がって、入門しているから強いよ、モノになるよ」と言ってくれた。
 師匠、ありがとうございます。なんのこっちゃさっぱりわかっていませんでした。
 なんか最近やっと、何をいわれていたのか、わかってきました。

 
 
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。