ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ178件目 / 全216件次へ »
ブログ

トレード時間とリスク巾

2017.05.10(水)

 わたしは、ポジショントレードはバーチャルだけだけど、スイング、デイ、スカルピングは実践してみた。

 思ったのは、仕掛けから仕切りまでの時間と、取るリスクは正比例させないと勝てねぇんじゃねぇのか??? だった。

 仕掛けから手じまいを5日あたりみているのと、その日のうちに手じまうのとでは、5日コースではちゃぶつきだが、デイトレコースでは切らねぇと危ねぇだろうってことになる。

 それよりも、だ。
 5日コースで、場中のちゃぶつきで切ってたんじゃ、利益でねぇじゃん!!! なのだ。
 
 5日コースには5日こーすの、デイにはデイの、スカルピングにはスカルピングの、適正なリスクの巾ってやつがある。
 その巾は、その人がどの程度の勝率を設定するかによるけれど、間違いなく、設定期間が長くなれば、取るリスクの巾は大きくなるし、そのリスクは取らなければ、トータルで勝つことは難しくなる。

 ってことが、私が学んだリスクの法則だった。

 ちょっと意地悪い見方なのだが、自分一人のデーターでは、多分そうなんじゃないか?? って、ただ仮説だけをたてていた期間は、もっと長かったと思う。
 株式講座を受けていて、売買を師匠に添削してもらっていて、同期や先輩後輩のトレードの添削も見ていたから、検証もかけられたし、検証も早く済んだ。
 習っているトレードの仕掛けのポイントは一緒なんだから、あとは、日足と分足で検証をかけていけばいい。まず、自分のトレードで、足りないサンプルは他人のトレードサンプルを使う。

 使えるモノは他人の記録でも使う。でないと、永遠にトータル勝ちできるトレーダーにはなれないと、わたしは思ってる。
 なにせ、トレード講習を受けている全部の先輩が成功者ではないという、純然たる事実が目の前にぶらさがっていた。
 これ、漠然と頭で考えているだけとはちがって、目の前に、「成功者は一つまみ」の事実が常に見えているって、大きいよ。腹をすえなきゃならないって、ほんとーに、実感するもん。 

  バーチャルで検証をやるとき、過去の分足って、取れないからさ、場中のちゃぶつきでどれくらいやられるかって、検証かけにくいんだよね。
 長期10年分足って、出してくれる証券会社のサイトってあんのかなぁ。あったら、そこの講座あけるんだけどな。



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。