はるるっぴさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ621件目 / 全652件次へ »
ブログ

サプライズだったアメリカ減税効果

わたしは、悲観論者ではありませんが、現実を書きます。

短期的には、株は上がるか下がるか、わかりません。


さて、

以前、株式市場関係者は、アメリカ減税の効果があるので、
大丈夫と言っている人がいた。


間違いだった。


国際ショッピングセンターの調べによると


アメリカの所得税の還付金の使用使途は

借入金返済 51.0%

貯蓄 27.1%

最も期待された

消費は

たった

21.9%だった。


21.9%という数字は、サプライズだと思う。

(・o・)!!


消費大国のアメリカの国民が、
消費しないで、借金を返した。

よほど、状況のヒドイことがわかる。


還付金は、ほとんど終わったので、最終結果も同じだろう。


なかには、還付金のお金で、

アメリカ株の空売りや
商品先物(原油・穀物)を買った人もいる。

なんなのだろう。

(~_~;)


減税効果は、終わった。


何度も書きますが、

野村のリチャード・クー氏(バブル崩壊は得意分野)の
指摘の通り、

新たな財政出動や金融政策(グローバルな連携)が
必要だろう。

しかし、アメリカは、大統領選挙の真最中。

現ブッシュ大統領の支援団体は、
エネルギー産業やユダヤ資本。

世界中どこにでもいる、なんでも反対の人たちもいる。

簡単には、いかないだろう。


アメリカは、GDPの70%を消費が占める
ちなみに日本は、55%くらいと思う

アメリカは、消費大国。
そのアメリカ人が、減税の小切手6万円をもらって
それを20%しか消費に使わなかったのは、驚きである。


逆にアメリカの減税効果が切れた時が、
新たな試練と考えるべきだろう。


短期的には、日本企業の決算発表もあり、
空売り筋が警戒して買い戻すことが起こっている様子です。

世界の熟練度の高い投資家の実需の買いは、
今の水準だと、はいってこないと思う。


短期の株価の動きは、
先物市場を制覇するヘッジファンドの
ロボット次第だと思う。


主力ロボットは、CTAです。


金融が混乱しているので、
ロボットが上にも、下にも
いつ暴走するかわかりません。

ロボットのプログラムを、
細かく修正しているヘッジファンドが強い。


おしまいです。


PS.

繰り返しになりますが、時間の関係で質問には、
お答えしていません。

フレンズも失礼しています。

専門家ではないので、
私の日記の内容には、間違いもあると思います。

投資は、自己責任なので、重要な情報は、
ご自分で確認下さるか、専門家に確認願います。

m(__)m

なお、来月より時間の関係で日記を減らす予定です。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。