収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ491件目 / 全3726件次へ »
ブログ

2015年12月16日(記録のみ)

日経平均 ; 19049.91 (+484.01)
TOPIX ; 1540.72 (+38.17)
JASDAQ指数 ; 2637.07 (+2.85)
マザーズ  ; 886.77 (+13.63)

本日も記録のみ。日経平均は一転して大幅反発して、19,000円台を回復。今日はFOMC前の買い戻しだったのか、中国上海株の上昇が材料視されてはいます・・・ボラティリティの大きな相場が続きますね。相場を見ていないとなかなか勘が掴めないので、こう上下されるときついです。

------------------------------

日経平均は484円高と3日ぶり大幅反発、1万9000円台を回復、広範囲に物色=16日後場
12月16日(水)15時22分配信 モーニングスター

 16日後場の日経平均株価は前日比484円01銭高の1万9049円91銭と3日ぶりに大幅反発。終値での1万9000円台は11日(1万9230円48銭)以来3日ぶりの高値水準となる。昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が堅調に推移し、日経平均先物が戻りを試した流れを受け、後場寄り付きから買いが先行した。対ドルでの円弱含みとともに、広範囲に物色され、上げ幅を拡大。午後1時42分には、この日の高値となる1万9054円89銭(前日比488円99銭高)を付ける場面があった。その後はやや伸び悩む場面もあったが、買い気は根強く、引けにかけて高値水準で推移した。

 東証1部の出来高は21億2914万株、売買代金は2兆5293億円。騰落銘柄数は値上がり1641銘柄、値下がり225銘柄、変わらず60銘柄。

 市場からは「後場の一段高は、海外投資家の継続買いや、それに追随した動きとみられる。現地16日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、予想通り利上げが実施されれば、不透明感がはけるだろうが、実際には為替、株価への影響は読み切れず、その反応を待つしかない」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株が買われ、トヨタ <7203> 、日産自 <7201> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も上昇。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、第一生命 <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株も高い。KDDI <9433> 、NTTドコモ <9437> 、ソフトバンク <9984> などの情報通信株も値を上げた。

 個別では、ヤフー <4689> がTOB(株式公開買い付け)により子会社化する一休 <2450> (監理)がストップ高。プライベート・ブロックチェーン実証環境を無料で提供すると発表したさくら <3778> や、ブレインパッド <3655> もストップ高。1対2の株式分割と15年12月期末の配当増額を発表したALサービス <3085> や、16年10月期の連結業績予想で営業利益32.3%増の神戸物産 <3038> も上昇。日本ハウスHD <1873> 、ネクスト <2120> 、エコス <7520> などの上げも目立った。

 半面、空運株では、JAL <9201> が安い。個別では、ベリサーブ <3724> 、日新電 <6641> 、綜合臨床HD <2399> 、EPS <4282> 、アイスタイル <3660> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が上昇した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。