収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ594件目 / 全3702件次へ »
ブログ

2015年6月17日(記録のみ)

日経平均 ; 20219.27 (-38.67、3日続落)
TOPIX ; 1633.70 (-6.16、2日続落)
JASDAQ指数; 2715.04 (+0.61)
マザーズ ;988.65(+7.68)

本日も記録のみ。密かに注目していた和装関係が動き出しましたね。京都きもの友禅をずっと監視していますが、業績が冴えないのでなかなか手が出せず、どこかでチャンスがあるでしょうか。

------------------------------

日経平均38円安と3日続落、売り一巡後に下げ渋る、円弱含みに5月訪日外国人増が支えに=17日後場
6月17日(水)15時29分配信 モーニングスター

 17日後場の日経平均株価は前日比38円67銭安の2万219円27銭と小幅ながら3日続落。売り一巡後は、対ドルでの円弱含み推移とともに、株価指数先物買いが断続的に入り、急速に下げ渋る場面があった。午後2時発表の5月訪日外国人客数が前年同月比49.6%増の164万2000人と5月として過去最高を記録し、インバウンド消費関連株物色につながったことも下支え要因となった。後場寄り付き後は2万100円台後半でもみ合いが続いたあとに軟化。現地17日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を前に、持ち高調整売りに押され、午後2時には、この日の安値となる2万126円57銭(前日比131円37銭安)まで下押す場面があった。

 東証1部の出来高は18億8798万株、売買代金は2兆1817億円。騰落銘柄数は値上がり791銘柄、値下がり956銘柄、変わらず138銘柄。

 市場からは「後場の下げ幅縮小については、日銀のETF(上場投資信託)買い期待もあろうが、円安と5月訪日外国人客数の拡大をきっかけに買い戻しが入ったようだ。FOMC通過後もユーロ圏財務相会合、日銀金融政策決定会合とイベントが続き、それを見極めるまでは方向性をつかみづらい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株が下落。三菱倉 <9301> 、上組 <9364> などの倉庫運輸関連株や、東電 <9501> 、中部電 <9502> などの電気ガス株も軟調。郵船 <9101> 、川崎汽 <9107> などの海運株や、任天堂 <7974> 、バンナムHD <7832> などのその他製品株も売られた。個別では、FPG <7148> 、JDI <6740> 、パル <2726> 、鬼怒ゴム <5196> などの下げが目立った。

 半面、テルモ <4543> 、ニプロ <8086> などの精密株が堅調。インド大手財閥と合弁会社を設立すると報じられた良品計画 <7453> や、ビックカメラ <3048> などの小売株も上昇し、JT <2914> 、日清粉G <2002> などの食料品株も高い。JX <5020> 、コスモ石 <5007> などの石油石炭製品株や、野村 <8604> 、松井証 <8628> などの証券商品先物株もしっかり。

 個別では、学習塾業界の再編思惑が指摘され、秀英 <4678> がストップ高し、リソー教育 <4714> も上伸。経済産業省が職員に和装出勤を促す「きものの日」の導入を検討していると報じられ、さが美 <8201> も上昇。野村証券が投資判断・目標株価を引き上げたNTN <6472> や、AOIPro <9607> 、アイスタイル <3660> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。