収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ661件目 / 全3727件次へ »
ブログ

2015年4月14日(記録のみ)

日経平均 ; 19908.68 (+3.22)
TOPIX ; 1590.82 (+4.56)
JASDAQ指数; 2542.83 (+1.85、9日続伸)
マザーズ ;927.70 (+12.39、3日続伸)

本日も記録のみ。20,000円を目前にして足踏みが続いています。月末には3月決算企業の業績予想が出て来ますので、ここから上はそれも見ながら・・・になってきますかね。

------------------------------

日経平均は3円高と小反発、材料不足にもみ合い、引け際に切り返す、日中値幅は93円=14日後場
4月14日(火)15時31分配信 モーニングスター

 14日の日経平均株価は前日比3円22銭高の1万9908円68銭と反発。前日の米国株安を受けて売り先行で始まったものの、企業業績期待などを背景にした先高観に下げ渋り、前場は同8円52銭安の1万9896円94銭で引けた。後場は同9円19銭安の1万9896円27銭と前場終値とほぼ変わらずで寄り付いた。その後、注目の米企業決算本格化を日本時間今晩に控えるなど、手掛かり材料不足感が強いことから、目先の利益を確定する動きが優勢となり、午後1時20分には同36円28銭安の1万9869円18銭まで下落。ただ、根強い先高観を背景に押し目買いに下げ渋り。小幅安水準でもみ合い、引け際にプラス転換した。

 なお、日中値幅は93円85銭と2月25日以来約2カ月ぶりに100円未満となった。東証1部の出来高は17億3332万株。売買代金は2兆111億円。騰落銘柄数は値上がり1279銘柄、値下がり475銘柄、変わらず126銘柄。

 市場からは「前週末にいったん2万円を付けたあとに、方向感が出ていない。割高感があるわけではないが2万円が近づくと利益確定売りが出る。一方で、下げると押し目買いが入る。終値で2万円を超えると次のステップに入るが、足元は方向性を決める材料を待っている状態。目先は米企業決算が注目される」(大手シンクタンク)との声が聞かれた。

 業種別では、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などパルプ紙、マルハニチロ <1333> 、サカタのタネ <1377> など水産農林、東電 <9501> 、中部電 <9502> など電気ガスが東証業種別株価指数で値上がり率上位。個別では、アルテック <9972> 、トレファク <3093> 、前沢工 <6489> 、日本管理 <3276> 、ネクソン <3659> が東証1部値上がり率上位。双日 <2768> 、東洋紡 <3101> 、古河電工 <5801> 、シャープ <6753> 、ソニー <6758> 、トヨタ <7203> 、三菱UFJ <8306> 、ソフトバンク <9984> も堅調。

 半面、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など鉱業、大和証G <8601> 、野村 <8604> など証券商品先物、ニコン <7731> 、HOYA <7741> など精密機器が値下がり率上位。個別では、一休 <2450> 、MRO <3064> 、竹内製作 <6432> 、ディスコ <6146> が東証1部値下がり率上位。大林組 <1802> 、キッコーマン <2801> 、明治HD <2269> 、三越伊勢丹 <3099> 、富士通 <6702> 、スクリーン <7735> 、ファーストリテ <9983> も軟調。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、22業種が上昇した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。