収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
78
注目度
52

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ399件目 / 全1494件次へ »
ブログ

★自民大勝利で自民の独裁になるか?(健全な二大政党制)

 自民党が選挙で勝ち続けても自民の独裁にはならない。

 自民党は圧倒的に強かった時代も独裁的ではなかった。
 自民内の路線対立があり派閥対立があるので、そうはならなかった

 選挙で勝ち続けるほど、自民は路線対立から分裂の度を強め、自由経済、民主主義の二大政党制になっていくと思う。
 左翼勢力がいなくなれば、そうなっていくでしょう。
 保守合同で自民党が出来たのは、左翼運動激化のためであり、左翼がいなくなれば、自民は元のさやに戻って分裂する。

 その時に起こる政権交代は、政策激変のない政権交代、(左翼政党のような)自国潰し政策にならない政権交代である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 左翼勢力は労組費の不労所得を基盤にする勢力なので、労組活動活発化=貧民増大=不景気化の政策を取りがち

 不景気化すれば福祉ばらまき(元手は税金!)のありがたみが増え、左翼信者が増えるので、この点からも口先とは裏腹に不景気指向の政策をとる

 しかし、福祉ばらまきは国民の本業稼ぎよりもずっと小さく、国民からすればこうした政策は本末転倒である。 税金とってバラマくくらいなら景気を良くしろ、である。

 左翼政党・左翼政治家の習性として本音は不景気が大好きなので(貧乏人増大は大歓迎)、国民が景気中心で政治家を選び続ければ、おのずと左翼政党、左翼的政治家は淘汰される

 逆にバラマキ中心で政治家を選び続けると、自民党もバラマキ政党化、左翼政党化してしまい、バラマキ利権を増やすべく、全ての政党が景気抑制政策(=バラマキ増大政策)の自爆路線を取るようになる


(補足) 今、左翼マスコミ、左翼政党が流してる「円安で景気低迷」のデマ流布は、彼らが貧民救済の建前と裏腹に貧民増大を目論んでる証し(実態は増税で景気低迷。円安がもっと急激だった昨年2013と今年2014を比較すればそれば一目瞭然)。 民主党政権が非正規雇用反対と言いつつ、円高デフレ政策で非正規雇用を増やしまくったのと同じ構図です。 
 官僚も増税推進のための景気低迷(税収低迷)を望んでるので、その子分の経済学者、エコノミストは「円安で景気低迷(=金融緩和反対=アベノミクス批判)」のデマ論説を流している
 こうして少なからぬ国民がアベノミクス批判に洗脳されつつある(安倍政権不支持率と支持率が拮抗化)。 少なからぬ国民が景気悪化政策(=円安抑制政策=金融緩和抑制政策=反アベノミクス)に誘導されている。 自爆的です。



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。