収益性
51
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
52
注目度
49

socialcolorさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3件目 / 全132件次へ »
ブログ

socialcolorのリタイアメント日記(リターンズ)14

【Wi-Fi (part2)】
少し前の日記にイーモバイルがソフトバンクに買収されYモバイルとなったために、Wi-Fiの契約更新をするとダウンロード制限※1が10Gbpsから7Gbpsと厳しくなってしまう、これを回避するためイーモバイル時代の古い機種を探して、10Gbpsのダウンロード制限の状態を維持したまま契約更新したという話を書きました。今回はその続編です。

突然、Yモバイルから電話があり何事かと話を聞いたところ、
「先日購入頂いたWiFi端末を、今なら下り最速165Mbpsの最新端末に手数料無料、本体価格0円で交換する。交換するなら、2ヶ月は使用料無料、ダウンロード制限も2年の契約期間中は制限なし(ナント!10Gbpsを超えてもよい)とさせてもらうがどうか」
とのこと。
socialcolor、この破格の申し出に「何か裏があるのでは」と尋ねたところ、ダウンロード制限規制の緩和に対する要望が多かったのでそれに答えたものだ、との優等生的な回答を繰り返すのみでした。

そんなはずは無かろうと食い下がると、
「条件として旧端末を回収、現在使用中のwebメール(イーモバイル時代のもの)を使用しないと誓約がほしい、契約満了後は通常通り7Gbpsの制限をかける」
との話。どうやら、旧イーモバイル使用者で私と同様の考えの輩が少なからずいて、この輩のおかげ?で統合が進まないどころか、旧システムの維持に余計な費用がかかる(しかも、旧端末を使い続ける限り、ずっと続く)。そこで、この際、旧システムの一掃のために若干の経費には目を瞑ろうということらしい。
思惑通りことが運べば、2年後には全てのユーザーに7Gbpsのダウンロード制限が掛けられるという仕掛けです。

少し考えればすぐに思いつく安直な戦略ですが、ダウンロード制限が外れるなら当方に異存はありません。2年もすれば流石に端末も古くなり使い続けられる保証もなく、もっと性能のよいものもでるでしょう。喜んでこの申し出を御受けしました。

思えば過日、何も考えることなく安易に契約を更新してしまっていれば、今頃は、最速でも下り110Mbpsの旧端末を7Gbpsの制限で利用せざるを得なかった訳で(しかも2ヶ月の使用料無料のオマケなし)、これからの時代、知識、情報のアドバンテージはますます重要になるなぁ、と切に感じたsocialcolorでした。

※1.24時間あるいは、当月の利用通信量がある一定量を超えた場合、通信速度を低速化する処置。
  7Gbps/月の制限が一般的。(1曲10MBの楽曲を100曲ダウンロードして約1GB。画像がある
      YouTubeなら更に少なく、いいとこ10~20回というところでしょうか)

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。