収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ861件目 / 全3726件次へ »
ブログ

2014年9月12日(記録のみ)

日経平均 ; 15948.29 (+39.09、5日続伸)
TOPIX ; 1313.72 (+2.48、5日続伸)
JASDAQ指数; 2313.88 (+5.69、2日続伸)
マザーズ ;952.11 (-6.69)

本日も記録のみ。今日も16,000円台を目前に足踏み、ここから上に抜けるか跳ね返されるか、一度は到達して欲しいですけどね~、どうなりますか。

-------------------------------

日経平均39円高、利益確定売りに一時マイナスも押し目買いに切り返す=12日後場
9月12日(金)15時27分配信 モーニングスター

 12日後場の日経平均株価は前日比39円09銭高の1万5948円29銭と5日続伸。前場引け後に円安が進んだことから、後場はこの日の高値となる同75円70銭高の1万5984円90銭で寄り付いた。その後、高値圏でもみ合っていたが、3連休を控えていることもあり、午後1時30分すぎから利益確定売りが優勢。朝方に続いて再びマイナス圏に沈む場面もみられた。ただ、円が1ドル=107円台前半と円安基調を保っていることから、下値では押し目買いが入り、再びプラス圏に浮上。来週にFOMC(米連邦公開市場委員会)とスコットランドの独立を問う住民投票などの重要イベントが予定されていることから、手控えムードも強く、小幅高水準にとどまった。

 東証1部の出来高は27億4729万株。売買代金は3兆1194億円。騰落銘柄数は値上がり765銘柄、値下がり913銘柄、変わらず147銘柄。なお、きょう算出の株価指数先物・オプション9月物のSQ(特別清算指数)確定値は1万5915円98銭。

 市場からは「1万6000円に届かなかったことから、3連休を前に、ひとまず利益を確定する動きが強まった。ただ、特段の売り材料もなく、下がれば拾う動きが入った。FOMCでは、予想以上に早く利上げが行われるとの観測が広がることも考えられる。来週前半の日経平均はFOMCの結果待ちに様子見ムードが強まる可能性がある」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、トヨタ <7203> 、富士重 <7270> など輸送用機器、武田薬 <4502> 、アステラス薬 <4503> など医薬品、コマツ <6301> 、住友重 <6302> など機械が値上がり率上位。個別では、コア <2359> 、日精樹脂 <6293> 、Vテク <7717> 、電子材料 <6855> が東証1部値上がり率上位。SUMCO <3436> 、新生銀 <8303> 、スクリーン <7735> 、日ハム <2282> 、ソフトバンク <9984> も買われた。

 半面、昭シェル <5002> 、JX <5020> など石油石炭、大林組 <1802> 、鹿島 <1812> など建設、郵船 <9101> 、川崎汽 <9107> など海運が値下がり率上位。個別では、新家工 <7305> 、M2J <8728> 、東京個別 <4745> が東証1部値下がり率上位。富士通 <6702> 、アルプス <6770> 、日揮 <1963> 、NTT <9432> も軟調。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、15業種が上昇した。

 -------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。