収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
78
注目度
51

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ663件目 / 全1494件次へ »
ブログ

★「陳腐化」技術、ノウハウ流出に無頓着な経営者、政府は要注意

 日本企業は海外進出しては技術、ノウハウを過剰に流出させてきた。

 例えば中国、例えば家電メーカー。
 中国巨大市場の幻想で進出したが、技術、ノウハウを抜かれ、技術、ノウハウを吸収した安値の地元企業の攻勢にあって中国市場から追い出され、そうして更には世界市場からも駆逐された。 利益率、利益は急落し、資金が乏しくなって設備投資能力、人材獲得能力、新規開発能力でも、キャッチアップされたり、水をあけられるようになりつつある。
、、、、こういう業界は後を絶たない。

 日本経済凋落、日本企業の相対地位低下には、過去20年(正確にはオイルショック以降、バブル時代を除く35年)に亘るデフレ化政策(=過剰円高政策)の影響も大きいが、日本企業のお人好しも多分に影響してる。

 欧米企業は日本のように技術、ノウハウを出さない。 陳腐化したものだけ出すし、それすらケチる、もしくは法外な金を取ろうとする。
 今現在、自分たちにとって如何に陳腐化した技術、ノウハウであれ、それを生み出すときはかなりの努力とコストがかかったはずだから、欧米企業のどケチ姿勢は正当なものである、
 陳腐化した技術、ノウハウは自分たちにとっては償却済みでも、相手にとっては償却のはるか前!なのですから(--;

 技術、ノウハウはどんどんあげても良い、さらに高いモノを作れば良い、というのはアホである。 新しい技術、ノウハウの追加はそんなに簡単でないし、技術・ノウハウを貰ってもしくは盗んで稼ぎまくり、資金力を上げた相手は早晩、開発力でも凌駕してくるのです

 利益は本業で稼ぐ方が投資よりもずっと大きくなるのだから、本業を危機にさらすような海外進出、投資は考えものである。
 海外進出は良いが(というかせねばならない)、投資先、投資方法、技術・ノウハウの提供とその方法は慎重に考えるべきでしょう

 企業の利益、成長は一過性であってはならず、社長の任期だけを糊塗するため、持続的な利益成長を損なうようなことがあってはいけない。 

 

 しかし、サラリーマン経営者が多い日本企業ではこうしたことが行われがち。

 経営者の賃金のほとんどは売り制約を付した自社株で支払われるべきである(そういう株主動議、出しません?)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 技術、ノウハウをどんどんあげるべき、それ以上に新たなものを作れば良い、、という論説は、日本のマスコミ多数派(朝●、毎●、N●K、日本経●新聞)に多々見られるし、そういうのを鵜呑みにするアホな経営者も多い。

 N●K出身の池上彰さんもそういう論者である。

 

 マスコミ多数派はなぜ、国民益マイナス方向、日本没落方向の論説ばかり張るんでしょうね。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ

    jojuさん、おじゃまします・・・・・

    数十年前だったか、住友金属では旧くなった(陳腐化した)設備機械を中国企業にあげたとか売ったの話を聞きました

    会社としては設備を新鋭のものにするにつけ、古いものは解体するよりも高値で売れれば、いいですからね

    その頃は中国とはかなり友好的だったみたいで技術指導もしていたみたいです

    経営者の意図は知りませんが、今となっては、おっしゃる通り、追われる立場になってしまいましたね

    世界3位、4位以下ほとんどが中国メーカーになりました

    日本は新日鉄住金となりなんとか2位ですね・・・・・

     

    でも世界では、技術輸出、技術輸入が活発ですし

    日本も明治には、欧米の技術のおかげで発展できたし

     

    言えることは、その相手が誠実に先輩を敬って友好関係を保てるかどうか

    と思うのですが・・・

     

     

  • イメージ
    jojuさん (対象外)
    2014/02/11(23:47)

    どうもです。

     

     日本の技術導入は法外な金を払い続けてのものです

     だから感謝する必要は何もないと思う次第。

     割高なお金を払って買ったものに感謝しますか? しないでしょう?

     

     そういうものにまで感謝するから、後の世代の日本人は欧米人に必要以上に引け目を持つし、欧米人は日本人に対し上から目線になったり恩着せがましくなったりする(我々が教えて「あげた」という感覚を持つ)。 

     

     

     一方、中国、韓国はそういう金は払うくらいならな盗もうとします。 で、盗んでタダで使っても感謝などしない。 我々が自力で「盗んだ」技術、、だからです。

     

     日本人は日本国内と海外とダブルスタンダードで思考しないと痛い目を見続けます

     国民益を守るために、日本国内のルールと海外でのルールを使い分けないといけない

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     技術輸出は中長期で利益を考えて慎重に行うべきでしょう

     先輩、誠実、感謝云々という情緒的なもので決めては、技術開発で苦労した先人やこの先、追い上げで苦しむ後の世代に対し無責任になるのでは?

     

     

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。