収益性
98
活発度
0
人気度
56
収益量
51
投稿量
100
注目度
51

☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ701件目 / 全2400件次へ »
ブログ

自社端末「サーフェス」投入 日本勢との分担崩れる

自社端末「サーフェス」投入 日本勢との分担崩れる
日本での発売は見送り

 蜜月関係にあった米マイクロソフト(MS)と日本メーカーとの間にすきま風が吹き始めた。MSはメーカーとの役割分担を破り、自らタブレット(多機能携帯端末)を投入する。海外では11月に発売される「ウィンドウズフォン8」搭載のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)は日本での発売が見送られた。MSの優先順位はアジアの成長企業に移り、日本勢の声は届きにくくなっている。

 

 MSのタブレット「サーフェス」。日本での発売は見送られたものの、基本ソフト(OS)供給に徹してきたMSの方針転換に、パソコンメーカーは衝撃を受けた。あるメーカー幹部は「MSから説明があり、『それはないのでは』と伝えた」と明かすが、聞き入れられなかった。

 米欧や中国で11月に発売されるウィンドウズフォン8。日本メーカーも端末の開発に動いたが、商品化は先送りされた。関係者は「MSは世界販売台数が多い韓国サムスン電子とフィンランドのノキアの開発サポートに追われ、それ以外は後回しになった」と解説する。 


  米国に次ぎ2番目に売り上げが多く、利益率も高い日本がMSにとって重要な市場であることに変わりはない。ただ、MSがグローバル戦略を推進するうえでのパートナーは日本企業からアジア勢に移っている。



 

 欧米より先に「8」発売の時間を迎えた日本。東京・秋葉原にある家電量販店には、深夜にもかかわらず、購入のため200人以上が行列をつくった。前OSの発売時より人数は多いという。



 パソコン草創期の1980年代、日本メーカーはMSがOS採用を働き掛けるほど頼りにされる立場だった。新OSの発売を機に日本メーカーは勢いを取り戻せるのか。実力を問われる。


 マイクロソフト、ウィンドウズ、日本メーカー、スマートフォン、ノキア、パソコンメーカー、OS、サムスン電子


2012/10/26 0:27 (2012/10/26 0:44更新)
 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。