収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1664件目 / 全3723件次へ »
ブログ

2012年9月26日(記録のみ)


日経平均 ; 8906.70 (-184.84)
TOPIX ; 742.54 (-15.12)
JASDAQ指数 ; 1309.18 (-3.42、3日続落)
マザーズ ;344.00 (-1.22、2日続落)

本日は記録のみ。日米欧の追加金融緩和で上に行くのかと思いきや、むしろ材料出尽くし状態になってしまいましたね~。なかなか期待通りは行きませんな。

-------------------------------

日経平均9000円割れ、アジア株やユーロの下落で下値模索=26日後場
9月26日(水)15時17分配信 モーニングスター

 26日後場の日経平均株価は前日比184円84銭安の8906円70銭と大幅反落し、終値としては9月11日以来の安値を付けた。アジア株の下落や、ユーロ・円の100円割れを受けて下げ幅を拡大した。消費税導入の先送りなどを示唆している安倍晋三元首相が自民党新総裁に選出されると、債券先物や円が一時的に弱含み、日経平均はやや下げ渋ったが、いずれも反応は限定的で、引けかけて日経平均は8900円を割り込む場面もあった。東証1部の出来高は14億6328万株。売買代金は1兆88億円。騰落銘柄数は値上がり434銘柄、値下がり1103銘柄、変わらず119銘柄。なお、配当落ちの影響は74円前後。

 市場からは「基本的にはスペインとドイツの駆け引きを材料に短期筋が動いているだけ。デフォルトするとは考えにくいが、スペインからの申請がなければECB(欧州中央銀行)は支援に動かず、先行きに不透明感が増している。また、中国は来週から国慶節で大型連休を控えており、上海市場などは手じまい売りに押されやすいが、中国は根本的に景気減速懸念が強まっている。中国株への特有の売りに対しても、日本株は連動しやすい。自民党の安倍新総裁誕生は、現時点では野党第一党の党首が決まっただけの話。今後の相場の流れを決定付けるものではない」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、キヤノン <7751> などハイテク株や、ホンダ <7267> など自動車株が軟調。川崎汽 <9107> など海運株も停滞した。国際帝石 <1605> 、出光興産 <5019> など石油関連株も売られ、三井物産 <8031> など商社株もさえない。レンゴー <3941> 、日本紙 <3893> などパルプ・紙株も下押した。三井化学 <4183> など化学セクターも下げ基調。日電硝子 <5214> などガラス株も弱含みで推移した。三井住友 <8316> など銀行株が下落し、大和証G <8601> など証券株、第一生命 <8750> など保険株も安い。

 半面、個別で、自社株買いを発表した三井ハイ <6966> が高い。12年8月期連結で最終黒字に転じたイズミヤ <8266> や、13年2月期連結業績予想を上方修正した東宝 <9602> も底堅く推移した。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、32業種が下落した。

-------------------------------

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。