収益性
60
活発度
0
人気度
50
収益量
51
投稿量
49
注目度
49

よし。さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2件目 / 全11件次へ »
ブログ

前引け


日経平均株価前場終値

13,832.40▲ +335.24 (+2.484%)

始値 13,642.60
高値 13,866.01
安値 13,642.60

新興市場前引け・3指数が反発 ヤフー買収提案でネット再編思惑買い

 4日午前の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は反発。前引け(11時1分現在)は前週末比8円10銭高の1557円88銭だった。東証マザーズ指数、ヘラクレス指数も反発した。米マイクロソフトが1日、米ヤフーに買収を提案。新興市場では、米国で大型M&A(合併・買収)の話題が登場したことでネット系会社の再編思惑につながり、朝方から主力ネット株の一角が物色された。その後はネット株以外の主力株にも買いが波及する展開となった。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で115億円、売買高は2384万株だった。楽天、イートレード、JCOMが上げた。キヤノンFTがTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したニスカは値幅制限の上限(ストップ高)で買い気配となり、まだ売買は成立していない。半面、インデックス、インテリ、アークが安い。主力株で構成するJストック指数は急反発。

 東証マザーズ指数の前引けは前週末比4.64ポイント高の642.09だった。ミクシィ、サイバー、ngi、アクロディアが高い。一方で、日本風力開発、アルデプロが下げた。前期純利益予想を下方修正したエリアリンクは値幅制限の下限(ストップ安)の売り気配となり、まだ売買は成立していない。上場2日目のデジハーツは公開価格(18万5000円)の2.3倍となる43万円で初値を付けた後、軟調に推移し前引けは39万1000円。

 大証ヘラクレス指数の前引けは前週末比3.37ポイント高の1004.68だった。マネパ、モスインス、ぐるなびが上げた。米グーグルが提供予定の携帯電話ソフトウエア群向けにコンテンツを開発すると伝わったハドソンは大幅高。半面、ダヴィンチ、ASSET、ZENTEKが売られた。〔NQN〕
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。