収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ283件目 / 全1064件次へ »
ブログ

底入れ

12日の日経平均は8963.72(-18.22) 雲 基準線 転換線の下、ボリンジャーマイナス2σの近辺 MACDは下落、RCIは底うち。RCIが底に達しており反発しており、当座は底入れしたようだが、まだ下落の勢いは強く、日足、週足、月足ともいずれも節目には届いていない。ただこの水準で推移できれば長期にはながいしたひげを二本だし、下値が切りあがっている。月足MACDがシグナルを回復できれば長期も底打ちできそうな印象である。

ダウは11269.02(+125.71) 雲 基準線 転換線の下、 ボリンジャー マイナスσの下、MACD RCI
は底打ち。RCIからみて、当座は底打ちしたように思われるが、基調はなお下落。週足もまだ基準線、転換線の下だが、週足の雲の下限10950は回復。月足の基準線は守り抜いたが、月足転換線10750あたりまで戻してこれるかどうかで長期のトレンドが回復できるかどうかが問われる。

ドル円は76.84 雲 基準線 転換線 の下、ボリンジャー マイナスσの下、 MACD は下落。依然として円高基調が続いているが、下ひげが何本もでており、76.25の安値あたりの抵抗は強い。

アメリカはパニックが収まって底打ちした印象だが、まだ節目にとどかず自律反発の域。日本の方は為替が重しになっていて、底打ちしているもののNYより弱い。長期中期短期の円高のトレンドは止まっておらず、日本の産業がこの長期の円高に耐えられるかどうか、ということで、企業採算が赤字になるかどうかわからないという意味で、PBR一倍前後に低迷しているというようにも、ある意味で読めるかもしれない。政界はようやく大連立の話がでてきているが、どうもいきさつにこだわってなかなか進みそうもない。自民党に抵抗が強いのであれば、公明ー民主でもかまわないので、とにかく政策が進められる体制を整えないと、なんともなるまい。政策の是非はもちろん問題で衆知をあつめなければならないが、何の政策も実行できないままでは、どうにもならないからだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。