MAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3件目 / 全7件次へ »
ブログ

製薬業界のトレンド

世界の製薬市場の市場規模は、約60兆円です。
日本はその内約10%を占めアメリカは50%にも達しています。
また、市場規模はこの10年で2倍になり中でもアメリカは3倍に膨らみ、世界の医療業界に伸びを牽引しています。
その市場の伸びを分析すると、最大の伸びを示したアメリカは、生活習慣病で新しい分野を切り開き、多くの新薬を開発しています。
この効果が伸び全体の6割を占めるという現象に結びついています。
もう一つはアメリカの市場の伸張の背景には、医薬品の価格の上昇があります。これが伸びの4割をしめており、他国では見られない現象です!


日本では10年以上前から政府による薬価抑制が行われており、2年に1度薬価が引き下げられてきました。製薬業界を取り巻く環境に関してアメリカと日本の最大の違いは政府による薬価のコントロールの有無にあります。
また日本政府は価格引き下げ以外に、医薬品の使用量を減らすための施策をとってきました。


日本の場合、患者1人あたりの薬剤費は年間約4万円。アメリカはその2倍です。
10年前は医療費に占める薬剤費の割合では日本は世界1位でしたが、政府の努力の甲斐あってここまで抑えることが出来き、日本はアメリカの先を行っているといえるのでしょう。
しかし市場に与える影響も大きいともいえます。

日本企業の規模を考えると製薬会社はさほど大きくはないですが企業価値を見れば上位に位置しています。

そのなかでも
武田薬品工業(4502)
http://minkabu.jp/stock/4502/

アステラス製薬(4503)
http://minkabu.jp/stock/4503/

第一三共(4568)
http://minkabu.jp/stock/4568/

の順で日本企業の企業価値100位以内に位置しています。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
3件のコメントがあります
  • イメージ
    あけましておめでとうございまぁ~す♪

    ふむふむ♪製薬会社はディフェンス銘柄ってイメージがありますが、特許の効果などでばらばらと上下した2007年でしたねぇ~♪

    日本は新薬許可や臨床などをイマ少し短く早く処理してくれると、製薬会社の内部留保も少なく、早く利益がだせる状態になるので、嬉しいんだけどねぇ~♪

    まぁ~なんですが、今年も笑ってヨロシクです♪ハイ

     今日も前向きにっ♪
     明日もポジティブにっ♪
     MAさんにとってもっ♪
     良い年になりますようにっ♪ではではっ♪
  • イメージ
    MAさん (640.24point)
    2008/01/08(18:06)
    郷さんあけましておめでとうございます!

    ご挨拶が大変遅くなってしまい失礼しました!

    本年もよろしくお願いします!

    今年は製薬会社が激しく動くような感じがします!

    お互い今年も笑っていきましょ~~~!
  • イメージ
    aaaacさん (対象外)
    2008/01/11(22:40)
    私も製薬業界については非常に興味を持っております。今後、利益を伸ばしていくのはこのセクターではなかろうかと常々考えております。ちなみにここのソースによりますと
    http://members.at.infoseek.co.jp/akyonn/1sojou.html
    製薬市場の規模は数兆ドルらしいです。

    内容は似たり寄ったりですがこちらのソースも読んでいてとても面白いですよ。
    http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/matthias_rath.html
    癌のメカニズムについても書かれており、これが事実だとしたら癌研究のベンチャーバイオはとてもリスキーな分野でトランスジェニック、OTS、GNIなどとても怖くて手が出せません。

    政府による薬価抑制はどうなんでしょうね。多くの国民にとっては妥当な措置であるんでしょうけど食品輸入と同様に外圧がかかりそうです。

    4502 武田薬品工業については私も注目しています。向精神薬、不眠症治療薬、高血圧治療薬などどれも今後の需要が見込める。去年1年間、市場平均以下のパフォーマンスであったことにも期待が持てます。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。