収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ431件目 / 全1064件次へ »
ブログ

頭が重い

29日の日経平均は9559.38(+63.62) 雲の中、基準線、転換線上、ボリンジャーはプラスσの近辺だが、MACDは頭を打ち、RCIは下降を始めている。目先はまだ上昇基調だが、下値を切り上げ、上値が下がってきて三角保合が煮詰まってきている。早晩どちらかに離れることになるが、MACDが弱含み、RCIが下降しているので、上げ一服になる可能性が高まっている。週足は雲の下限9903に届いておらず、まだ上昇基調にはなっていないのにも注意が必要だが、下げた場合は週足転換線9273が当面のサポートラインになる。 

ダウは10835.28(-22.86)雲、基準線、転換線上、ボリンジャーはプラスσ上、MACDは上昇、ただRCIは天井。直近高値10870でぴたりと上昇が抑えられている。ちょうど長期の下げトレンドラインの近辺で、週足遅行線も日々線と衝突しており、抵抗が相当に強いようだ。日足も週足も基準線の上で上昇基調をたもっているが、頭が相当に重くなっており、上に抜けるにはもう少し材料がないと勢いがでないようだ。一旦さげると10436の週足基準線あたりが下値のサポートになる。

ドル円は83.71雲の下、基準線84.40、転換線84.40の下、ボリンジャーはマイナスσを切り、MACD RCIは下落。目先円高基調に転換してしまった。介入効果がすっかりはげ落ちて円高方向に動いている格好だ。週足も介入にもかかわらず転換線には結局とどかず、中期の円高トレンドはなお変わっていない。チャート上は再び直近高値を試す動きである。

ダウは方向感が乏しく、頭が重くなっている。東京も持ち合いが煮詰まってきている。問題はやはり為替。このままだと再び円高を試すことになる。介入で動きをとめられるかどうか。日銀短観は、足元はややよかったものの、先行きはむしろ不透明さがましていることを示している。アメリカも(東京も)緩和期待で株価を保っている様相となっており、経済指標が本格的に改善してこないと上値を追うのは難しいところだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。