収益性
46
活発度
0
人気度
52
収益量
49
投稿量
64
注目度
49

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ611件目 / 全686件次へ »
ブログ

【はんちくの映画情報①】 『桜の園』(邦画)1990年

D4fbacbfb  

 利下げ祭りが始まりましたね。小規模開催の予想は見事にハズレました。日経はいくらまで戻すのでしょうか。月曜の動きがキーになると思います。利下げの確定的な噂が出たのはもっと前なのに。市場全体のチャートとはとても思えない形になってます。
 勝負に行くか、なるようになれで見守るしかありません。 
 混沌、殺伐とした株式市場を離れ、今日は佳品の映画を紹介します

 『桜の園』
 邦画。1990年
 原作 吉田秋生
 監督 中原俊
 主演 中島ひろ子、つみきみほ、白嶋靖代

 舞台は、ある女子高の演劇部。学校創立記念日に上演する「桜の園」が3年生部員の最後の舞台。その開演前の2時間の風景を描いた作品。
 上演開始直前に、不良部員のちょっとしたトラブルがきっかけで、「桜の園」中止騒ぎが起きる。その事件を背景に、4人の少女(部長、主役を演ずる女子、不良部員、2年生部員)それぞれの思いが交錯する。
 その4人の少女達を中心にストーリーは描かれるのだが、何よりも、取り巻きの女子たちの自然な存在感が素晴らしい。キャストは、全員本物の女子高生から募集したようだ。タレント美女ではなく、どこにでもいる感じの女の子達で構成されているところも、映画の質を上げているひとつ。

 僕は思いっきり男子校育ちのため、風景に直接の懐かしさはないが、高校生のころに誰もが感じたであろう将来への不安や希望、現在の自分と葛藤する姿は、当時の自分とオーバラップする。「籠の中の鳥」であることへの抵抗は、思春期の男女の共通体験だろう。
 満開の桜の背景も美しい。画面から春風の匂いが感じられるようだ。
 
 邦画の最高傑作の一つに数えて良いと思う。

 主演の中島ひろ子の演技が凄い。全てを食い尽くしている。容姿的には少し冴えないため、今ではサスペンスで時折見かける程度だが、あの映画の主演を勤めただけで、月9ドラマ100本分の価値がある、と思う。
 つみきみほ、見なくなっちゃったな。白嶋靖代は、その後くの一忍法帳とか出たが、今ではやっぱりサスペンスで見かけるw

 株のSNSで映画紹介などを書こうとは夢にも思いませんでしたw

 金銭ゲームの世界なのに、みんかぶには感性豊かな方々が多くいらっしゃるので、紹介した次第です。

 おすすめです。


 【映画情報②】は、また来週に。
 
 大メジャーな映画は、今更僕が紹介するまでもないので、敢えて外します。
2件のコメントがあります
  • イメージ
    おかんさん (-52.2point)
    2007/12/02(11:51)
    桜の園は照れちゃって見れませんでした。
    でも、おすすめなんですね。
    亭主がいない昼間に見ようかな。^^
    昨日は、ハリーポッチャリ見ました。
    感想は・・んんんん。
  • イメージ
     おじさんに片足を突っ込んだ僕には、遠い世界になってしまいました。もうダイレクトにHITはしなくなってしまいましたが、懐かしいです。
     18歳の乙女の心を今でも持っているおかんさんならば、がっつり来るでしょうw

     「同性への憧れ」というのは、女性特有の感情のようですね。(宝塚の追っかけがほとんど女性であることに代表されるように)。男には存在しません(特異な趣味の人は除く)

     まったり映画だから、天気のよい昼間に見るのがいいかな。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。