収益性
49
活発度
49
人気度
52
収益量
50
投稿量
100
注目度
50

瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ92件目 / 全525件次へ »
ブログ

鳩山首相が辞意表明

鳩山首相の辞意表明が流れると若干、乱高下。円安に振れているが、株が買い材料になるかは不透明。
値動きが荒れることが予想される。

10:00
鳩山首相辞意報道から、日経平均のレンジが上がったように見える。

10:25
相場はしばらく迷っていたが上にブレイクした模様。
底堅さから、買いし掛け、ショートカバー優勢に。
結果論、鳩山辞任が買う材料となった。

10:35
一気にショートポジションを解消するような強い動きになっている。
一部では、細っていた外資マネーが買いはじめたという指摘。
ただ外部要因は何も変わっていないので日本独歩高相場にでもならない限り、上値は限定的なのでは。

10:50
日経平均は上値を追い続け、9770円をつけた。
鳩山首相辞任による欧米の為替市場の反応はこれから。
堅調だったディフェンシブ関連銘柄は総崩れ、リスクをとる銘柄に資金が移った。

12:00
12時前から為替の円安が落ち着きはじめている。東京市場での円安反応は織り込んだのか。まだ欧米の反応はこれからだが、欧州早出さんがでてくるまでは様子見か。
地合が悪いなか、ポン円の日足がGCしそう。
英保険大手プルデンシャルによる米AIGアジア部門AIAの買収案件がうまくいく、いかないで思惑が交錯している上、国内要因で円安、チャート的にトレンドが変化を見せはじめている。今後、さらに需給がよくなれば、売り方が不利になる可能性も。

12:35
買いし掛けは短期的なものだった模様。仕掛けてショートカバーを誘ったあとは利益を確定したような動き。
商社株が、原油流出事故による海外の石油株の下落、原油価格の下落により、年初来安値を更新。
三井物産は下値を突き抜けてしまった。今だに突き抜けていない三菱商事などにも危険シグナル。
原油流出事故の解決に目処がつかないことを材料としているのであれば、どこまで仕掛けるかも目処が立たない。一説には8月まで流出は止まらないといわれている。
商社はかなりチャンスだが、買い向かうならリスクが大きいことも考えておきたい。
BP社などの事故処理による損失が気になるところ。

13:35
上海、香港が下落で、前場の買う雰囲気はすっかり消沈している。
ロールオーバー終了で、日経は本日の安値を更新。本日の値動きで需給はかなり悪くなっているだろう。
外資系が9500あたりのオプション売買動向が気になるところ。ひょっとしたら、9500-10000から9250-9750に移ったように見えなくもない。

17:50
ポンド円が円安基調に変化が見られる。
近い将来がっつり円高になるかも。
日経がこの安値圏で円高に振れた場合、ダメージは結構、大きいだろう。
ドイツ証券や、GSが9500のPUTを手放している。やはり、昼間の売買動向の予感は正しかったようだ。

18:45
18時のユーロ指標(4月PPI)で再び、流れが円安へ。

23:35
円売り材料豊富なことからショーターも頑張らないみたいな感じ。水曜日ということもありスワップを素直にとりにいきそうな値動き。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。