収益性
46
活発度
0
人気度
52
収益量
49
投稿量
64
注目度
49

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ73件目 / 全686件次へ »
ブログ

「空耳アワー」の話

 ここ最近の相場は、値動きの背景を考えるだけ無駄。
 
 「ただ上がっている」だけだから。

 過熱指標も、ファンダ的背景も無効。逆に、ワナとして機能する。

 値動きと材料の相関性をリンクさせようとすればするほど、分からなくなってくる。
 
 ある日突然、下げ相場に転換したとしても、それは「不安再燃」ではなく、仕手筋の外資が、ただ、「下げモード」に移行させただけに過ぎない。
 連中も、問題をわかりつつ値動きを演出してるから、始末に悪い。あいつらのサジ加減次第で、どうにでもなる。 
 
 
 考えても無駄なときは、売り方買い方双方、何も考えないのがベスト。
 己がルールに基づき、含み益のみを絶対とし、感情を廃して取引をするのみ。
 
 相場のことを考えても仕方ないので、関係ない話。


 先々週、タモリ倶楽部で空耳アワードがあったので思い出した。

 
 タモリ倶楽部で、空耳アワーが始まったのは、俺が高校2年生の時。
 タモリ倶楽部自体が好きだったが、このコーナーにいたく感動?し、開始初期から、ネタ枯渇のため一旦終了する第4回空耳アワードまで、空耳アワーのコーナーだけをビデオに撮り続けた。
 
 チリも積もれば山となるで、約7-8分のコーナーで、3倍録画のビデオ3本がいっぱいにw

 大変貴重な財産になっている。(俺にとってはw)

  
 初期代表作でいうと

 セルジュ・ゲンズブールのI'm The Boy
「お客さんに嫌われるぞ」

 プリンスのBAT DANCE
 「農協牛乳」

 HOT BLOODのソウルドラキュラ
 「おー、頭痛い」

 Judas Priestのシナー
「母さんが言う、こういうパーマは変だ。死のう」


 空耳は、安っぽく作られてる映像が逆に面白い。
 
 
 空耳は、限りある資源のため、回を重ねるごとに、ネタのパンチが落ちてくるのはいたしかたなく、復活してからはもうビデオに撮らなくなったが、タモリ倶楽部は欠かさず見ている。


 先々週のアワードを見たら、初期のように、全部秀作とはいかぬまでも、笑える作品があった。
 ネタが掘り尽くされたなかでの、投稿者の苦労は大変だと思うが、続く限りがんばってほしいものだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。