収益性
62
活発度
0
人気度
55
収益量
100
投稿量
71
注目度
58

ストリートアナリストさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ481件目 / 全557件次へ »
ブログ

1年間で株価が最も上昇したのは?

過去1年間で、どの銘柄の株価が最も上昇したのか、国内株式についてランキングを作ってみました。

トップ10を並べると、海運会社が何と4社、ダイハツDまで入れると海運関連株が半数を占める結果になりました。
原発関連、合金鉄市場の好調まで含めると、市場拡大の期待によって上昇した銘柄が8割となりました。
電機2社は業績の好調さを反映しています。

1.乾汽船株式会社,5.5倍,海運関連
2.第一中央汽船株式会社,4.2倍,海運関連
3.木村化工機株式会社,3.9倍,原発関連株として買われる
4.新和海運株式会社,3.3倍,海運関連
5.ミツミ電機株式会社,2.9倍,大幅増益
6.明治海運株式会社,2.9倍,海運関連
7.田淵電機株式会社,2.8倍,TDKとの提携、上方修正
8.ダイハツディーゼル株式会社,2.7倍,船舶用発電機が好調
9.太平洋海運株式会社,2.7倍,海運関連
10.中央電気工業株式会社,2.7倍,合金鉄市況の好調

この結果だけを見ると、次はどの産業セクターが上昇するのかを見極めて先手を打つのが、上昇銘柄で勝つために重要となる気がします。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
3件のコメントがあります
  • イメージ
    なるほど、こういった分析は面白そうですね。
    ただ私の場合、次はどのセクターが来るか今のところ思い当たりません…。(^^;)
    もう少し勉強せねば。
  • イメージ
    ばら積み船総合指数のバルチック海運指数が、
    25日も9215ポイントと連日の最高値更新となるなど
    運賃市況高から、海運セクターはさらに上ブレする可能性が高いですね。
  • イメージ
    あさっての投資家さん

    そうなんですよね。自分で書いていて、次どのセクターが爆上げするのか分からないから難しいんだよな~と思っていました。
    ただ、海運関連の需要逼迫は3年ほど前から言われていたと記憶していますので、そのときに気がついて買っていれば...
    タラレバですが、情報は既にある可能性が高く、その情報を株価上昇の材料として捕らえられるかが問題のような気がしました。

    10%の独断決定者さんへ
    海運セクター、ホントどこまで上がるんでしょうか。
    今までのトレンドだと、循環変動を繰り返してきましたので、山が高いと谷も深い、なんてことにならないか心配しています。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。