収益性
82
活発度
0
人気度
69
収益量
73
投稿量
100
注目度
90

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2613件目 / 全3060件次へ »

日本株離れに拍車 改革停滞で魅力低下 外国人投資家

また外国人が日本株売っているっていう記事。
というより日本人ですら買っていないのだけど。

改悪される証券税制については全く触れられていないし。
ここが一番のポイントでしょう。
年末前に換金売りは進むし、また今から新規で資金投入って物好きも少ないでしょうに。

外国人も参加者が少ないところへわざわざ参加しないって。
賭場にはインチキするにも、鴨が沢山いないとインチキすることも出来ませんからね。

以上勝手な妄想也。。。



日本株離れに拍車 改革停滞で魅力低下 外国人投資家
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2008090302000122.html

 福田政権崩壊による政局混迷により外国人投資家の日本株離れがさらに加速するとの見方が市場に浮上している。小泉政権の構造改革で、日本の株式市場に急速に流入、株価全体を左右する一大勢力となった外国マネーだが、ここにきて日本株を売る傾向が出ており、日本離れはさらに強まる可能性がある。 (池尾伸一)

 米投資銀行リーマン・ブラザーズ証券の川崎研一チーフエコノミストは「外国人投資家は安倍、福田両政権で改革がストップしたと受け止めている。ポスト福田の経済政策に注目している」と指摘。

 東京証券取引所など国内主要五市場での外国人投資家の株式保有比率は一九九〇年代は長く10%台だったが、小泉政権以降、急速に上昇。二〇〇六年度には28%まで上昇した。「郵政民営化や規制緩和で日本経済が成長するとの期待が高まり、日本買い機運が盛り上がった」(大手証券アナリスト)ためだ。

 しかし、〇七年度は外国人投資家の保有比率は五年ぶりに低下し27・6%に。今年四月以降も外国人が売り越す傾向が強まっている。米サブプライム住宅ローン問題による外国人投資家の委縮だけでなく、「改革の停滞で日本株自体に魅力がうせている」(大手外資系証券)事情も大きいという。

 ポスト福田の有力候補の麻生幹事長についても「昔ながらの公共投資による景気刺激に走る可能性があり、海外からは不信を招く」(大手証券)との見方が強い。

 小池百合子氏や中川秀直氏らの「上げ潮」派には「成長路線復活への期待がある」(川崎氏)ものの、党内基盤は弱く、「総選挙や政界再編を経ない限り、世界の投資家にアピールする骨太の政策は出てこない」(大手証券)という。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    外国人投資家
登録日時:2008/09/03(09:17)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/09/04(00:54)
    こんばんは。
    いつも日記を参考にさせていただいています。

    豊富な情報を噛み砕いて解説してくれるので助かっています。^^;

    麻生さんにするためのお祭り出来レースは、自民党に好都合な結果をもたらすのでしょうか?

    外国から信頼される国を目指してほしいものです。。。
  •  通報する

    2008/09/04(09:06)
    海辺のカフカさん

    こんにちわ

    >豊富な情報を噛み砕いて解説してくれるので助かっています。^^;

    そんな褒め方されたことないので照れてしまいそうです。

    >麻生さんにするためのお祭り出来レースは、

    麻生さんにする気があればよいのですが、どうもその逆で、意地でもさせないという流れが一部にあるようで。。。
    多分前回の福田の時もこの力が大きく作用したみたいで、今回もつまらない事しなきゃいいなと思う次第であります。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。