収益性
82
活発度
0
人気度
65
収益量
73
投稿量
100
注目度
61

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2615件目 / 全3060件次へ »
ブログ

車が売れない 8月新車販売37年前の水準へ

ますます車が売れていないようです。

37年ぶりの低水準という事は私が生まれる前、丁度オイルショックが始まる前ごろでしょうか。
当時と現在の社会状況は全く違うでしょうから、数字以上に事態はかなり深刻なものであると思われます。

考えてみれば、自動車工場で働く人間も契約社員等の非正規雇用者が多くなって、低賃金では車が買いたくとも買えない状況ではありますね。
車作っている工場労働者本人が車を買う事もできない。
それで車が売れないとほざいているようでは、もはや自動車メーカー自身の自業自得的な側面も否定できないと思います。

それにこの販売数字の割合だけ見たら3台に1台は軽自動車って事ですね。
普通車といっても、小型車種だけが売れて大型車は全く売れてなさそうな気もします。
粗利率も悪くなって自動車メーカーにはますます厳しい状況なのかもしれません。

頼みの外需もアメリカ筆頭に期待できそうにないし、当分自動車メーカーの暗黒時代は続きそうな気もします。
値上げしてますます需要冷え込ませなきゃいいですが。



8月の国内新車販売、1割減 軽以外は20万台割る
http://uunet.asahi.com/business/update/0902/TKY200809010374.html

 8月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月より10.7%少ない31万91台だった。軽自動車以外では14.9%減の19万3902台と2けたの落ち込みで、8月としては37年ぶりの20万台割れ。軽も2.8%減の11万6189台だった。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日、販売台数を発表した。前年実績割れは2カ月ぶり。

 軽以外の販売台数が2けた減となるのは昨年6月以来。昨年8月は新潟県中越沖地震の影響で7月受注分の販売がずれ込んだうえ、曜日の関係で販売店の営業日が多く、数字が高めに出ていた。このため今年8月の前年比の減少幅が大きくなった面もある。

 ただ、販売台数の水準も1971年以来の低さになった背景には「ガソリン高による買い控えの影響もみられる」(自販連の伏見剛理事)という。これまで安定していた普通乗用車の販売も、8月は同18%減の7万265台と14カ月ぶりに減った。

 トヨタ自動車が9月、日産自動車が10月に商用車やハイブリッド車を値上げすることについて、伏見理事は「需要の回復ムードに水をかけないか懸念している」と話した。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    コニチワ。仰るとおりデス!イイ機会じゃないでしょうかね、これを機にエコ企業になって欲しいッス。ピンチはチャンスだっ。
  • イメージ
    たけちゃんマンさん こんにちわ

    これを機に、自動車メーカーが今の雇用体制含めどう変革できるかによって、今後企業が存続できるか否かがはっきりしてくるのかもしれませんね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。