収益性
0
活発度
0
人気度
83
収益量
0
投稿量
60
注目度
52

NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ151件目 / 全560件次へ »

今日の相場 -8/28-

E011498e7 Ad7855e65 372f4ad43 

∇ダウ:11,502.51(+89.64) ナスダック総合指数:2,382.46(+20.49) S&P500:1,281.66(+10.15)
7月耐久財受注が堅調だったことから、米株は上昇しました。米政府によるGSEの救済は差し迫っていないとの見方から、ファニーメイ、フレディマックは大幅続伸。ハリケーンの石油関連施設への影響が懸念され原油価格は続伸しました。

・7月米耐久財受注、2か月連続で力強い上昇示す
足下のドルの反転が今後どう影響してくるか。
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/080828/22360.html

・ファニーメイ、上級幹部を入れ替え
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCIT1214.html

・米GSEの政府救済検討は時期尚早=メリルリンチ
目標株価は引き下げ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33473520080827

・メリルの持ち株比率引き上げも シンガポールのテマセク
http://www.usfl.com/Daily/News/08/08/0827_024.asp?id=63383

・米PIMCOがディストレス債に投資するファンドを設立、50億ドル募集
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJS824425120080828


∇日経平均:12,768.25(+15.29) TOPIX:1,219.53(-4.16)
CME日経平均先物は12800円台後半で返ってきたのですが、日本市場が高かったのは寄りだけで、あとは現物も先物も弱く、10時以降は日経平均は昨日と同じ位置で揉み合いとなりました。前夜のアメリカ市場で米国債が買われたことから、CTAによる債券先物買い・株先物売りが入ったとおもわれ、これも株価の押し下げ圧力になったようです。

東証一部出来高は13.8億株、売買代金は1.45兆円で昨日よりは少し増えました。値上がり銘柄数は613、値下がり銘柄数は972と売られている銘柄の方が多かったです。機械や地銀など、ズルズルと売られ続ける銘柄が目立ちます。そんなに一気に業績が悪化するのかな・・・とも思いますが、景気敏感株は避けた方が無難でしょうね。株価の先行性は、無視できません。食品、医薬品などのディフェンシブは昨日に引き続き買われていました。

個別では、米企業の買収を発表したリコーが買われ、キヤノンが売られました。リコーの日経平均への寄与は+2円、キヤノンは-16円。

先週の外国人投資家は証券取引所発表の数字で、現物を約1000億円売り越し、先物を約400億売り越し。気になるのは、この株価水準でも信託銀行(≒年金)があまり買ってきていないこと。7月までは下げれば買い、のスタンスだったのですが。彼らが下値で買わなくなってきているのも、最近の相場がずるずる下がる一因だと思います。

・リコー、米独立系事務機器ディーラーを約1700億円で買収へ
日本企業はお金がありますね。2006年頃のM&Aブームの時に動かずに今動くのは賢明だと思います。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33472220080827

・三菱UFJがアコムを子会社化へ 出資比率を引き上げ
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082801000217.html
 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    今日の相場 GSE M&A
登録日時:2008/08/28(18:40)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/08/29(01:04)
    こんばんは。内需はダメそうですし景気敏感株の動きもひどいのでディフェンシブとか、ハイテクも相対的に見て強いですね。ナスダックのチャートもなかなか良い形なので、しばらくはそんな感じでしょうか。どこかで流れが変わるのかもしれないのですが、下げてる銘柄は需給も悪そうですしちょっと時間掛かるかもしれませんね~
  •  通報する

    2008/08/29(18:11)
    原材料コストの影響が大きい(製造業)、資産デフレの影響が大きい(不動産・銀行)、製品のコモディティ化や景気後退の影響で値上げ出来ない&売れない(製造業・一般消費財・サービス)、といったところは厳しいんでしょうね。開発力、技術力頼みのハイテクや医薬品は何とかなると。食品も遠慮なく値上げできるので何とかなる。
    景気敏感株でも、利益をある程度確保できて配当利回りが3%を超えるようなところは買ってもいいかな~と思いますが、株価の動きはしばらくは期待できなそうです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。