収益性
54
活発度
55
人気度
52
収益量
51
投稿量
94
注目度
62

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ105件目 / 全1738件次へ »
ブログ

何も変わらない、不動産屋と中国共産党

「あのー、shinさん、いまっすかぁ♪」

「本日は、まだ出勤しておりませんが」

 

ほぼ毎日のように、くだらない営業の電話が来る。

顧客にイヤな思いをさせておいて、

物件が売れると思っている方が、オカシイ。

精神科への受診を奨める。

 

「そっすかぁあああ。また今晩、電話しまっすわぁ」

 

このあいだオイラが電話にに出た時に、

はっきりと忠告してあげたというのに。

 

その昔、舛添が自民党議員であった頃、

先物取引業者の片棒を担いでいたので、

自民党本部にメールしたのだった。

 

「おりゃぁ、はよ取引せんかー、ゴラッ」

ドカッ、ドカッと自宅ドアに蹴りを入れる音が響きわたった。

 

この愚かな営業マンは、

会社名と名刺を置いていたので、

すぐに警察を呼んで、自民党へメールしたのだった。

怒り狂ったオイラは、その時すでに包丁を手にしていたのだが。

 

舛添は、その後しばらくたって、自民党を辞めることになった。

そして、自民党はすぐさま、強引な先物業者による勧誘を制限する法案を通した。

 

ドラッグストア協会から、

各政党を経由した上で、不動産業界へ訴訟を検討すべきかと思っている。

電話一本を金に換算して幾らの被害届にできるのか、

それは、訴訟にあてられる資金と、弁護士たちの腕によるだろう。

 

ナンバーディスプレイによるブロックを施しても、

やつらは恐らく使い捨て携帯を使っていて、

何度でも電話をかけてくるだろう。

 

     *

 

島田雅彦など、やさしい左翼な文士たちは、

中国を初め近隣諸国と、文学を通じた交流活動をしていて、

とても好ましいことだと思っている。

 

けれど、中国にもイイ人たちがいるのは重々承知の上なのだが。

だからといって、中国共産党は変わらない、何も。

 

もしも、中国人文士が、島田らの理想に従って、

大々的な活動をしたならば、その文士の身が危ない。

島田は、そうは思わないだろうか。

もうダメだって。

 

中国の核兵器、何発日本に向いているのだろうか?

少なく見積もっても30発だろうか?

 

日本には核兵器がない。

東南アジア諸国にもない。

そして、話し合いが通用しない。

 

日本や韓国、東南アジアも核武装するしかない。

そうしなければ、話し合いにもなりやしない。

 

米国は、ロシアと協議して、伴に少しずつ核兵器を減らしているという。

米国とロシアから、互いに減らそうとしている核兵器の本数を、

日本や韓国、東南アジア諸国に配ってくれないか?

 

それがダメなら、

短~中距離(中国に届く距離の)小型核兵器を、

日本や韓国、東南アジア諸国で共同開発させてくれないか?

総数で五千~一万発を目標にしたいが。

もちろん、米国やロシアにも共同開発へ参加して欲しい。

 

オイラの心は、大きく右傾化してしまった。

戦争は平和なり。

 

 

PS:パソコンの迷惑メールなのだが。

   オイラの認めたアドレス以外は全てブロックしていると書いた。

   毎日、たとえば200通のメールがあって、

   その内の90%以上がブロックされており、実に快適だ。

 

   オイラにしつこく付きまとっていたアホな野郎は、

   使い捨て携帯からメールを何百と送りつけてきても、

   すべて陰陽師の「呪詛返し」のごとく、アホな野郎へ跳ね返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。