収益性
50
活発度
58
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
55

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ118件目 / 全1725件次へ »
ブログ

「光」によって惨殺された9人のロシア人

1959年2月、当時のソ連領ウラル山脈北部の山中で、

若い男女9人のスキーヤーがミステリアスな死を遂げた。

惨殺された9人のリーダーであるイーゴリ・ディアトロフの名にちなみ、

凄惨な現場となった峠は、「ディアトロフ峠」と呼ばれるようになる。

 

彼らのキャンプはズタズタに切り裂かれ、

その周辺に5人の遺体、彼らの死因は低体温症によるものと検死された。

 

その3ヶ月後の5月に、残り4人の遺体が75メートル離れた雪の下から発見された。

その遺体には異変がみられた。

 

ドュビニナは舌を切り取られ、肋骨は粉々に砕かれ胸部が潰されて、

内臓が腹部に押しやられており、

ゾロタリョフの眼球はえぐられていた。

数人の衣服からは放射能が検出され、

彼らの皮膚は奇妙に赤茶色に変色している。

白黒だが、遺体写真が掲載されてもいる。

 

ゾロタリョフの首にかかっていたカメラを現像すると、

その内の何枚かに不思議な「光」が写っていた。

 

この凄惨な事件が起こった地域は、昔から「死の山」を意味する聖地だったという。

また、「ウラルのエリア51」とも噂される奇妙な場所であったという。

 

      *

 

2011年、プーチンとメドベーチェフはともに、

「ロシアは地球外生命体から攻撃されている」

と、発言したという。

 

以上は、「月刊ムー4月号」P.81~91にあった記事を一部要約したもの。

 

オイラの若いころ神社で遭遇した「光」は、

オイラの脳内だけで起きていた不思議現象だった。

なので、もしもこの現象にふたたび遭遇したとしても、

写真に撮ることはできない。

 

惨殺された9人の見たであろう「光」は、

記事のように写真に撮られているし、

他にも別の場所からの目撃者がいるとされていた。

つまり、完全な物理現象だ。

 

誰の目にも見える不思議な「光」に遭遇したら、

とりあえず、逃げよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。