収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
53
投稿量
50
注目度
49

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ332件目 / 全3615件次へ »
ブログ

2016年2月24日(記録のみ)

日経平均 ; 15915.79 (-136.26、2日続落)
TOPIX ; 1284.53 (-6.64、2日続落)
JASDAQ指数 ; 2312.02 (-8.97、2日続落)
マザーズ  ; 823.04 (+13.86)

本日も記録のみ。続落で16,000円割れ、決定打がないのでフラフラした値動きですね。

------------------------------

日経平均は136円安と続落、3日ぶり1万6000円割れ、円上昇など重し=24日後場
2月24日(水)15時22分配信 モーニングスター

 24日後場の日経平均株価は前日比136円26銭安の1万5915円79銭と続落。終値での1万6000円割れは19日(1万5967円17銭)以来3日ぶり。昼休みの時間帯に円相場が強含むとともに日経平均先物が下押した流れを受け、後場寄り付きは売りが先行し、1万5874円55銭(前日比177円50銭安)で始まった。その直後に下げ渋ったが、円上昇や時間外取引でのNY原油先物安が重しとなり、午後1時35分には1万5801円01銭(同251円04銭安)まで押された。売り一巡後は再び下げ渋ったが、戻りは限定され、引けにかけて1万5900円を挟んでもみ合い商状となった。

 東証1部の出来高は22億530万株、売買代金は2兆億2323円。騰落銘柄数は値上がり767銘柄、値下がり1041銘柄、変わらず133銘柄。

 市場からは「為替が効いているが、後場に入って円が(前場よりも)上昇した割に日経平均は前場安値を切っておらず、意外としっかしているとも言える。指値買い注文が増えており、押し目買い意欲はあるようだ。ただ、G20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議を通過するまでは、短期的な売買が中心であり、方向性は出にくい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、商船三井 <9104> 、郵船 <9101> などの海運株や、三菱重工 <7011> 、ダイキン <6367> などの機械株も軟調。クレディ・スイス証券が投資判断・目標株価を引き下げた横河電機 <6841> や、東芝 <6502> などの電機株も売られた。同セクターでは、双葉電子 <6986> 、第一精工 <6640> なども値を下げた。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、東電 <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も安い。

 個別では、サイバネット <4312> 、Wスコープ <6619> 、アジア投資 <8518> 、ワタベ <4696> 、第一実 <8059> などの下げが目立った。

 半面、マルハニチロ <1333> 、サカタのタネ <1377> などの水産農林株が上昇。アイフル <8515> 、アコム <8572> などのその他金融株も買われ、日本紙 <3863> 、北越紀州 <3865> などのパルプ紙株も引き締まった。ニトリHD <9843> 、H2Oリテイ <8242> などの小売株や、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、などの銀行株も高い。

 個別では、1対2の株式分割と16年3月期末配当増額のTDCソフト <4687> がストップ高。仮想通貨を「貨幣」認定との報道を受け、関連銘柄としてマネパG <8732> もストップ高。VOYAGE <3688> 、アイロムG <2372> 、ステラケミファ <4109> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、22業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。