天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ257件目 / 全3506件次へ »

2016年1月6日(記録のみ)

日経平均 ; 18191.32 (-182.68、3日続落)
TOPIX ; 1488.84 (-15.87、3日続落)
JASDAQ指数 ; 2621.10 (-18.92)
マザーズ  ; 880.24(-17.39)

前日までの中国経済への不安に加え、北朝鮮の水爆実験など悪材料が更に重なり、日経平均は3日続落。前日まで頑張っていた新興もマイ転でいよいよ雰囲気が悪くなってきました。。。

------------------------------

日経平均は182円安と大幅に3日続落、1万8200円割れ、北朝鮮の水爆実験など重し=6日後場
1月6日(水)15時21分配信 モーニングスター

 6日後場の日経平均株価は前日比182円68銭安の1万8191円32銭と大幅に3日続落。終値での1万8200円割れは15年10月19日(1万8131円23銭)以来となる。

 後場寄り付きは売り優勢で始まった。昼休みの時間帯に日経平均先物が一段安となった流れを受け、下げ幅を拡大し、午後零時34分に1万8064円30銭(前日比309円70銭安)を付ける場面があった。円上昇や、中東情勢、中国経済への警戒感に加え、北朝鮮の水爆実験実施など、悪材料が相次ぎリスク回避の動きが強まった。その後は心理的なフシ目となる1万8000円を割り込まなかったことで、買い戻しや押し目買いが入り、下げ渋った。ただ、買い進む動きにはつながらず、戻りは限定された。

 東証1部の出来高は20億7618万株、売買代金は2兆4307億円。騰落銘柄数は値上がり359銘柄、値下がり1493銘柄、変わらず83銘柄。

 市場からは「北朝鮮の核実験が下げを加速した面もあるが、やはり為替の影響が大きい。円高進行により輸出企業の業績下方修正リスクがくすぶる。ただ、騰落レシオは近くボトムアウトするとみられ、週末のSQ(特別清算指数)や米雇用統計の通過が底入れのタイミングになる可能性がある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JX <5020> 、コスモエネHD <5021> などの石油石炭製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が下落。任天堂 <7974> 、ヤマハ <7951> などのその他製品株も売られた。住友電工 <5802> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株や、新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も安い。

 個別では、JPモルガン証券が投資判断と目標株価を引き下げたタダノ <6395> や、ブレインパッド <3655> 、タカタ <7312> 、ライドオンE <6082> 、マイクロニ <6871> などの下げが目立った。

 半面、小野薬 <4528> 、エーザイ <4523> などの医薬品株が上昇。日水 <1332> 、サカタのタネ <1377> などの水産農林株や、JT <2914> 、キリンHD <2503> などの食料品株も引き締まった。

 個別では、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げたエレコム <6750> や、ポールHD <3657> 、ITFOR <4743> 、デジアーツ <2326> などの上げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、30業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2016/01/06(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。