収益性
63
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
49

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ370件目 / 全3620件次へ »
ブログ

2016年1月7日(記録のみ)

日経平均 ; 17767.34 (-423.98、4日続落)
TOPIX ; 1457.94 (-30.90、4日続落)
JASDAQ指数 ; 2598.13 (-22.97、2日続落)
マザーズ  ; 879.81(-0.43、2日続落)

本日も記録のみ。原油が安値更新、そして中国上海はサーキットブレーカー再発動、と散々な状態で大幅に4日続落。17,600円台は昨年10月以来だそうで、相変わらずの下り最速相場です。

今日は原油ETFとブラジルETFを買い増し。今日の安値が明日の高値状態で、買えば買うほど下がっていくこの落ちるナイフを掴まされている感じ、リーマンショックの後は相場全体がこんなだったよな~と、やっぱり下げトレンドに買い向かうのは精神的にきついです。

------------------------------

日経平均は4日続落し423円安の安値引け、値下がり銘柄は1600超に=7日後場
1月7日(木)15時25分配信 モーニングスター

 7日の日経平均株価は、前日比423円98銭安の1万7767円34銭と4日続落し安値引けで、後場の取引を終えた。終値ベースで1万7000円台となるのは、15年10月14日(1万7891円00銭)以来、3カ月ぶり。朝方は、欧米株安を受けて売りが先行。中国株式市場で、取引開始後にCSI300指数や上海総合指数が5%を超え、サーキットブレーカーが発動。その後7%を超え、売買が終日停止となったことや、ドル・円相場が1ドル=117円台の後半を付けるなど対ドルでの円高進行などを嫌気した。東証1部の出来高は23億7486万株で、売買代金は2兆8338億円。騰落銘柄数は値上がり239銘柄、値下がり1647銘柄、変わらず49銘柄だった。

 市場では、きょうの下げで、日経平均株価は25日線とのかい離率が約6.7%となり、反転の目安とされる5%を超えている。「目先的にはリバウンドが期待されるが、地合いが良くなく、戻りも短期的なものにとどまりそう」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株が下落。新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、郵船 <9101> 、川崎汽 <9107> などの海運株も安い。コマツ <6301> 、日立建機 <6305> などの機械株、アイフル <8515> 、オリックス <8591> などのその他金融株も軟調。旭硝子 <5201> 、太平洋セメ <5233> などのガラス・土石株、トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も売られた。なお、東証業種別株価指数は、32業種が下落、電気ガス1業種が上昇した。

 個別では、SMBC日興証券が6日付で投資判断を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)に、目標株価を880円から640円に引き下げた不二越 <6474> が続急落。15年12月の既存店売上高が、前年同月比1.1%減と2カ月連続で前年同月を下回った青山商 <8219> が下げ幅を拡大した。その他では、イーレックス <9517> 、スクリーン <7735> 、日東電 <6988> などが安い。一方、6日引け後、16年2月期第3四半期(15年3-11月)の連結決算を発表し、据え置かれた16年2月通期の営業利益予想を超過達成したわらべや <2918> が4日ぶりに急反発。7日午後零時30分に、取得上限10万株(自己株を除く発行済み株式数の0.7%)・1億円の自社株買いを発表したソフトクリHD <3371> が4日ぶりに反発した。その他では、エムアップ <3661> 、ネオス <3627> 、SKジャパン <7608> なども高い。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。