収益性
49
活発度
64
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ130件目 / 全1710件次へ »

京大教授陣はゴリラだったという話

そんなオモロイ話があったとは。。

 

★「京大式おもろい勉強法」

  山極寿一著 朝日新書 720円+税 2015.11.30.第1刷

 

タイトルにある「おもろい」という形容詞に惹かれて読んでみた。

「おもろい」は「オモロイ」と、

オイラがしょっちゅう書いている言葉なのが、まずオモロイと思ったのだ。

 

この著者は、アフリカで長年に渡ってゴリラを研究してきたという。

そして、なぜか今、著者は京大総長をしているのだという。

きっと、京大にいる教授陣の生態系が、

ゴリラと似ているからではないかという文句に笑った。

 

ここに書かれているその研究スタイルを読んでいる内に、

オイラもすっかりゴリラファンになってしまった。

 

日本にも、静岡だったか動物園にいるゴリラが、

異様にハンサムなので人気があると、

タケシの番組で放送していた。

(ホントウにハンサムだった)

 

そんなことも手伝ったのだろうか。

とにかくオイラは、ゴリラが気に入ってしまったのだ。

 

ところで、この著者の写真とみていると、

ダンディな人だとは思うけれど、

不思議なことに、タケシの番組に出ていたゴリラと似ていないこともない。

 

さてはて、そんな著者がゴリラの生態系の他に、

この書籍で何を語っているのかは、

読んでみてからのお楽しみ。

 

特に、若い人が読むべき内容になっている。

けれど、京大教授陣をゴリラとみなす著者の考え方は、

年輩者が読んでも、きっとオモロイと思うだろう。

 

 

PS:最後の章で、

   ものごとをブレイクさせるには、忍耐力が必要なのだけれども、

   この「やりたいことを貫く力」という段で、

   ちょうどオイラが今取り組んでいるデイトレードのことを連想した。

 

   今まで長いこと相場を見つめ続けてきたことが、

   ホントウに力になってきていると実感していたからだ。

 

   デイトレード戦績は、まだミニ1枚の試用段階だが、

   現段階で、185戦 183勝 2敗 (だいたい一ヶ月半:実稼働21日)となっている。

   この2敗は、指し値ミスなのだが、

   kabuステーションに 「Uターン」注文できるパネルがあると気がついた。

   もうこういう失敗はなくなるだろう。

 

   スイングトレードの方も、売り買いバランスのタイミングが合ってきた。

   スイングトレードの当たりは、野球でいうとホームランのようなものだ。

   中田翔のように、当たりまくるとイイのだけど。

 

PS2:日経平均先物は、ゴリラではなくって、

    くねくねとのたうち回る、コブラなのだが。

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/11/17(02:40)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2015/11/17(11:38)

    SHINSHINさま。

    ◎今西錦司先生以来、京大は、モンキー・スタディが盛んだなぁ。小生は、どっちかというと、ゴリラよりも、オラ・ウータンに妙味あり。


    ◎それにしても、日経ミニで、183勝2敗!!こりゃ、凄い。いちど小生も、日経ミニ一枚を一か月ぐらい、やってみたけれど、勝率は、50%越えなかったような・・記録をなくしました。結果、6万円程度、負けたのを覚えています。


    そうかSHINSHINさまには、日経平均株価は、「くねくねとしたコブラ」に見えますか。小生には、無意識・イド(S.フロイト)さもなくんば集合無意識(CG.ユング)とも、思えます。やっぱり動物に例えれば蛇系だなぁ。


    ◎いまは、miniではなくて、ETFをやっています。ETFのよいところは、売りも買いもイーブンだというところでしょうか?これからも、有益な情報をお願いします。                拝

  •  通報する

    2015/11/18(02:15)

    ほんま そうかいなさん、

    こんな胡散臭い情報に感動していただいて、

    オイラ、驚いております。

     

    ミニのデイトレードは成績がイイのですが、

    スイングトレードで生じる日々のマイナスがネックになっていて。

    (プラスの時はデカいのですが)

     

    ところがこれ、

    デイトレードの枚数を増やすと、

    日々の評価損益がすべてプラスになり得るのです。

     

    たった1枚のデイトレードでも、

    勝率がここまで高いと、

    そういう計算が成り立ちます。

     

    もしも、これが10枚だったら、

    卒倒しそうな利益になっているのです。

     

    だから、一番大切なのは、

    ミニでのデイトレード成績になってくるのです。

     

    スイングトレード玉は最低限に構えて、

    相場観をはかる偵察隊ととらえて、

    デイトレードで最大利益を図るのが得策なのではないかという

    理論が成り立って、京大式なオモロイ話になるのでした。

     

    こういう話なら、山極先生もオモロイと思ってくれると

    感じているのです。

     

    どーでっか???

     

     

     

     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。