収益性
50
活発度
57
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
56

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ170件目 / 全1728件次へ »
ブログ

STING の 「 Shape Of My Heart 」

以前からこの曲を聴いてはいたけれど、

改正・安保法案が強行採決されてから聴き直してみると、

なんとも隠喩に富んだ歌詞に聞こえてくるから、不思議なものだ。

 

★「 Shape Of My Heart 」 STING

https://www.youtube.com/watch?v=pm3rDbXbZRI

「レオン」という映画のラストでながされた曲。

この画像は、映画の実写を取り入れているので素晴らしい。

 

この歌詞を和訳する方法というのを、

ネットで、ladysatinという翻訳家が教えてくれていた。

http://ladysatin.exblog.jp/20832430  

このリンクには、和訳が書いてある。

 

次のリンクには、どうしてそのように訳したのかが書いてある。

http://ladysatin.exblog.jp/20841052/

http://ladysatin.exblog.jp/20848604/

 

なるほど、そーやって訳すのかとオイラは感動している。

この和訳は、STINGのインタビューでの語りまで参考にしているので、

精度はとても高いと思われる。

 

けれども、歌詞というものは、

聴く人の状況によって、独り歩きをはじめることがある。

 

たとえば、映画「レオン」を視聴した直後の人がこの英語の歌詞を聴けば、

違ったニュアンスのものとして捉えることがあるだろう。

同様に、それは改正・安保法案の強行採決に落胆した人たちにとっても同じだ。

 

そういう人たちには、

この英語歌詞の「I」は日本人として個人の私、

「He」は、たったひとりの対戦相手としてではなくて、

米国、ロシア、中国として感じるかも知れない。

 

なんとも非力な日本人である個人の私が、

ポーカーとかバカラのテーブルについて、

米国、ロシア、中国相手に対戦している図。

 

あちこちに出てくる「彼」を、

それぞれ米国、ロシア、中国に当てはめて変化させてみたりする。

 

すると、途中に出て来る「this art」は、

「戦争」の意味になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。