収益性
61
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ408件目 / 全3578件次へ »

2015年9月9日(記録のみ)

日経平均 ; 18770.51 (+1343.43)
TOPIX ; 1507.37 (+90.66)
JASDAQ指数 ; 2466.28 (+68.48)
マザーズ ;757.55 (+49.43)

本日も記録のみ。前日日本市場が下げたにも関わらず、アジアおよび欧米市場は上昇していた事もあり、寄りから買いが入るとその後も更に買われ、日経平均は21年ぶりの上昇幅になりました。さすがに色々な条件が揃わないとここまで上がらないですよね(^^;

こんな日にポジション調整しているあたり、相変わらずなセンスの無さですが、とりあえず寄り付き直後に基本損出ししながらREITと外貨MMFを買い増す売買を行いました。

<損出し&買い増し>
3263 大和ハウスリート投資法人
3281 GLP投資法人
3283 日本プロロジスリート投資法人 
3249 産業ファンド投資法人
8957 東急リアルエステート投資法人
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
8963 インヴィンシブル投資法人
8967 日本ロジスティクス投資法人
8985 ジャパンホテルリート投資法人
米ドルMMF
カナダドルMMF
豪ドルMMF
NZドルMMF
南アランドMMF

<買い増し>
4287 ジャストプランニング

<損出し>
1325 ブラジル株式指数上場投信
2497 ユナイテッド

------------------------------

日経平均1343円高と大幅反発に高値引け、歴代6位の上げ幅、1万8700円台回復=9日後場
9月9日(水)15時30分配信 モーニングスター

 9日後場の日経平均株価は前日比1343円43銭高の1万8770円51銭と大幅反発し、高値引け。全面高となり、上げ幅は1990年8月15日(1439円59銭高)に次ぐ歴代6位の大きさ。終値での1万8700円台は8月31日(1万8890円48銭)以来の高値水準となる。海外株高に伴うリスク回避後退ムードから、買い戻し主体の動きが続き、上げ幅拡大の流れとなった。

 東証1部の出来高は27億9600万株、売買代金は3兆1483億円。騰落銘柄数は値上がり1877銘柄、値下がり14銘柄、変わらず6銘柄。

 市場からは「オプション取引に絡んだ先物の買い戻しと個別銘柄での買い戻しがダブルで強まった。下げ過ぎの反動もあろうが、ボラティリティ(変動率)は高水準のままであり、なお不安定さを残している」(準大手証券)との声が聞かれた。

 東証業種株価指数は全業種が上昇。塩野義薬 <4507> 、第一三共 <4568> 、大塚HD <4578> などの医薬品株が買われた。第一生命 <8750> 、損保JPNK <8630> 、アニコムHD <8715> などの保険株や、オリックス <8591> 、日本取引所(JPX) <8697> などのその他金融株、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も値を上げた。ブリヂス <5108> 、浜ゴム <5101> などのゴム製品株や、住友電工 <5802> 、三菱マテリアル <5711> などの非鉄金属株も高い。

 個別では、次世代バイオ素材など開発のスパイバー(山形県鶴岡市)との事業提携ならびに出資を決議したゴールドウイン <8111> がストップ高。米エクイニクス社が合同会社QAONを通じてTOB(株式公開買い付け)を実施するビットアイル <3811> (監理)や、レンタルオフィス会社による株式取得が判明したSKジャパン <7608> もストップ高。山洋電気 <6516> 、ディップ <2379> 、フォスター <6794> などの上げも目立った。

 半面、個別では、16年2月期の連結業績予想を下方修正して一転減益見通しのMORESCO <5018> が売られ、イトーキ <7972> 、ツクイ <2398> 、大崎電気 <6644> 、クボテック <7709> などの下げも目立った。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/09/09(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。