収益性
50
活発度
60
人気度
52
収益量
50
投稿量
92
注目度
64

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ168件目 / 全1720件次へ »

「岡本かの子」というオモロイ女

BS・TBSって、オモロイな。

「岡本かの子」というのは、あの岡本太郎の母上じゃ。

 

オイラの菩提寺「常光寺」の本殿改装の折、

「岡本かの子」の著作が出てきたといって、現住職が大喜びしていたけれど。

 

岡本かの子は、岡本一平といいう、

当時、売れっ子の漫画家と夫婦になった。

 

岡本一平は、売れ出してから放蕩三昧。

岡本かの子は、そのときから病みだした。

 

そんな折、小説を書こうと奮闘していた岡本かの子の元へ、

大ファンだという、早稲田の大学生が来たのだった。

当然のように、三角関係へ。

 

岡本一平は、それをなんと、認めた。

それからというものの、一平は一階、かの子と早稲田学生は二階へ住むという、

なんともオモロイ三角関係生活を始めたのだった。

 

しかしその後この早稲田学生は、

こともあろうに、かの子の妹に手を出して、間もなく病死してしまう。

 

しかし、奔放なかの子は、このままで終わらない。

 

驚いたことに、産後のためだろうか(それって、早稲田のこどもかよ?)

痔になったかの子は、慶応の医者にかかる。

そして、惚れる。

 

業を煮やしたかの子は、一平に談判し、

あの慶応医師を拉致してきてくれと、乞い願うのだった。

 

惚れた弱みのある一平は、この話を受け入れる。

というわけで、またまた奇妙な三角関係がリ・スタートするのであった。

 

解説は、高橋源一郎と瀬戸内寂聴なのである。

高橋源一郎はどーでもいいのだけれども(ごめんね)、

瀬戸内寂聴の解説とあっては、視るだろうよ。

 

大変にオモロイ番組であった。

 

オイラは想った。

自分の若いころに味わった、あの知る人ぞ知る三角関係は、

当時は真剣に辛かったけれども、

(なにしろ、思いあまって拳銃自殺しようとしたのだよ、それも警官の銃を奪って)

今となっては、あんなにオモロイ経験はなかったのだと。

 

あの当時、「岡本かの子」と一平という関係を知っていたのならば、

未だにオイラはヨウコに憑いていたのだと思う、一平と同じように。

オイラには、一平の気持ちがよくわかる。

なにがなんでも、かの子と別れたくなかったんだよな。

だって、どーしてもそこまで魅力的だったんだよな。

 

なっ、文学は無駄じゃないんだって。

文学に無知だったオイラは、自殺するか、女を殺しそうになってしまったんだぞ。

 

だから、これでイイのだ。

オイラの芸術(小説書こうと想ってるんだけれども・・・)も、

これから爆発するのだ。

(不発かも知れないけれど)

 

PS:と言いながら、瀬戸内寂聴の若いころは、怖いです。

   ヨウコとどっちが怖いのかと訊かれると、よくわからないけれど・・・。

   (あー、春吉君も、頷いている気配がする)

 

PS2:スティーブン・キングの作品より、数段怖いんだって、女は。

 

PS3:草刈正雄クラスなオイラの同級生は、

    不細工な女の仕打ちで、なんと鬱病で廃人っぽくなってしまった・・・。

    「立て、立つんじゃジョー!」と、言ってあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登録日時:2015/09/02(03:03)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。