元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ164件目 / 全1694件次へ »

女(男もそーなの?)の魅了

こんな小説があった。

過去において、絶世と言えるのではないかという美貌の持ち主な女がいて。

 

ところが、この小説の副主人公である悪党の趣味はこうだった。

「この絶世な美女の美貌が崩れるその瞬間を、この眼で見るのが快感なんだ」

こんの、ヘンタイ野郎!

 

★「007 白紙委任状」

 ジェフリー・ディーバー著 池田真紀子訳 文藝春秋

 

この小説を読んだ記憶があったためなのか定かではないけれど。

オイラは、逆なことを思った。

 

今では誰がどー見たってババアなんだけど、

昔、若いころの写真を視てみたいって。

 

スナック「カスタム」のママは,オイラの期待に応じてくれた。

すると、ショートカットなイカした女がそこにいたりする。。

(パパに内緒で、見せてくれたんだぞ、オイ!)

 

オイラは言った。

「こんなにイイ女がいたら、いくらなんだって、オイラ狂っちまうって」

マジなんだからしょーない。

 

ジェフリー・ディーバーも、

この逆さまからみた意見に、興味を覚えるだろう。

いや、こうした事実に興味を覚えていたからこそ、

それを逆手に取ったのだろう。

 

PS1:夢枕獏「陰陽師」映画に出ていた小泉今日子なんだけど。

   彼女の、現世おける数々の武勇伝は、オイラなんかよりも遥かに有名だけど。

   (なんか、口惜しいよな・・・)

   彼女が粉する「白拍子」は、元人魚で何百年も生きながらえているという、

   美貌の持ち主という設定だ。

 

   実はな、オイラのいる店に彼女のお袋さんが来たんだな。

   だって、顔を見たら、すぐにそーだってわかっちゃうんだから。

 

   小泉今日子はな、村上春樹のエッセーにも登場しているんだな。

   だから、何かの神懸かりなお告げなのかも知れないから、

   平素から注意しているんだな、オイラは。。

   (左フックとかを、浴びないようにだけどな)

 

 

 

 

 

 

 </

登録日時:2015/07/11(03:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。