元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ196件目 / 全1694件次へ »

「他人の顔」

彼の小説を、初めて読んだ。

中盤からいきおいオモロクなっていく。

その起伏は、ジョージ・オーウェル「1984」と似ている。

 

女に宛てた手記がメインになっている。

よってその内容は、一人称の主人公による独白がほとんどで、

心理描写の宝庫になっている。

 

そーいうネチネチしたのは、しつこくってウザいという向きもあろうが、

オイラにはオモロイ。

 

男はとても理性的で、女はとても感情的。

そして、男の努力の甲斐なくすれ違ってしまうのだ。

昭和43年に書かれたこの男女関係の構図は、現在でも相似だろう。

などと言ったら、怒る人もあるだろうけれど。

 

メインは手記だけれども、

それを利用した小説の展開に、妙がある。

 

なるほど、と思わせるフレーズも楽しい。

”未来とはつねに、過去からの演算にほかならない”

(P.149)とか。

 

★「他人の顔」

  安部公房著 新潮文庫 S43.12.20.発行 H23.7.15.六十六刷

 

解説は、大江健三郎になっている。

オイラ、だんだん小説というものにハマってきたようだ。

 

 

登録日時:2015/04/22(02:07)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。