元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ206件目 / 全1700件次へ »

「糞尿譚」転じて、タメゴロウ・・・

元作家の森さんが、スペイン酒場で言っていた。

火野葦平の「糞尿譚」よりも、大岡昇平の「俘虜記」の方がイイ。

へー、そーなんですかと、オイラは答えた。

 

たしか「糞尿譚」って賞を取って、

小林秀雄が戦地まで出向いて授与式をやったんですよねと、

作品を読んではいないけれど、「回想の芥川・直木賞」という本で知っていたので、

オイラはそう言った。

 

ところで、転じるにも程があるのかもしれないけれど、

実はオイラの自宅、2階のトイレが異様に汚い。

ずっと気になっていた。

 

「ムー」など読んでいるとよく、

トイレが汚いとつきが落ちるという話が出てくる。

 

北野武や星野仙一など運のイイ人たちは、

若いころからトイレ掃除に熱心だったという話も、どこかで読んだことがある。

なんでも、ほとんど素手に近い状態でトイレを掃除したのだという。

 

オイラの場合、IT談合で嵌められて逮捕・拘禁されたとき、

トイレ掃除担当だった。

そのときは雑巾一枚で、ほぼ完全に素手だったのを思い出す。

 

北野武や星野仙一だってそーだったと知っていたお蔭で、

まったく屈辱なんぞ感じなかった。

思えば、オイラはこれが元になって「1Q84」の材料になれたような気もする。

ついていないようで、憑いていたんだな、きっと。

 

ところで自宅2階のトイレなんだけど、

どーやっても汚れが落ちなくて困っていた。

錠剤タイプでひと晩放置しても、びくともしない。

 

これはもう、きっと水が硬水なために水垢化してしまって、

どーやっても汚れは落ちないのかも知れないと、諦めかけていたんだ。

(これを素手で磨いたって、落ちないだろう)

 

ところが昨日、閉店前に自分の店で清掃グッズコーナーをみていたら、

オモロイ商品が目についた。

『シャット 流せるトイレブラシ』という商品で、600円台だった。

なんでも、使い捨てなだけでなく、そこに濃縮洗剤がしみ込ませてあるという。

 

ダメ元だと思って、買ってみた。

 

ワンタッチボタン周りに工夫があって、

簡単に洗剤スポンジが本体に装着出来た。

 

たまり水にスポンジを浸して、

磨くこと1~2分。

ほとんど水垢と化してこびりついていた汚れが、あっさりと落ちてしまった。

ニャント!

思わず声が出た。

 

あのひと晩放置プレイな錠剤はなんだったのか、

しかも目が痛くなるほど臭かったくせに。

 

用が済んだらワンタッチボタンを押すと、

スポンジが椿の散るように、ボトッと便器に落ちた。

あとは流すだけ。。

 

傑作だっ!

あっと驚くタメゴロウだっ。。 

 

販売は、ジョンソン株式会社とある。

夜が明けたら、絶対に絶対に絶対に電話して、

オイラはこの感動を伝えようと思っている。

 

PS1:洗面所まわりの水垢でも、試してみよう。

 

PS2:電話ではなくって、横浜にあるという会社まで出向いて、

    授与式でもしてあげようかな?

    だってこれこそ、トイレの芥川賞だろう。

 

 

 

 

登録日時:2015/04/14(01:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。