収益性
42
活発度
0
人気度
76
収益量
45
投稿量
62
注目度
54

金の延べ棒さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ47件目 / 全257件次へ »
ブログ

ソニーが7つの1兆円

ソニーは変わらず優良企業です。

どんなに叩かれても、落ち込んでも優良企業。


ソニー中期計画「7つの1兆円事業を」 堅実路線で成長維持
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/156409


今のソニーは「熱く」ない感じ。

もっと、とんがって欲しいのだけど、なかなか難しいのかな。市場にない商品を作るというのは難しいね。

クオリア製品が懐かしい。あれが出たときは、誰も買わないよーと思いながら面白がってみていました。aiboも出たときは結構注目されたよな。


7つの1兆円は分かるし、利益を出さなきゃいけないことも分かる。


でも熱さが欲しいなぁ。ソニーがんばろうよ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
5件のコメントがあります
  • イメージ
    ひよりみさん (対象外)
    2008/06/28(21:14)
     たしかに、ソニー製品は憧れのブランドです。多少独自路線で使い勝手が気になってもとりあえずソニー商品は確認してしまう私です。 

        でも、庶民なのでいざ買うときは他社の無難な製品をわりと買ってしまうのですが・・・。
  • イメージ
    >今のソニーは「熱く」ない感じ。

    かつてのソニーにあった"情熱"。
    それがやや不足しているのかもしれませんね。

    いずれその情熱の種に火がつくことを誰もが待っているのでは?
    何より、ワクワクさせられる商品の登場に期待ですね。
  • イメージ
    yoc1234さん (557.96point)
    2008/06/28(21:41)
    こんばんは。

    ソニーも外国の血が入り変わってしまいました。

    営業重視ですと、技術は後回しでしょう。

    この辺はMSと似てきました。
  • イメージ
    影さん (338.18point)
    2008/06/29(12:27)
    ソニーの場合、昔は初期購買層(イノベーター、オピニオン・リーダー)を取る戦略で、市場の先駆者だったのでござるが、最近では何をやっても後手後手と申すか、デザインと機能でマジョリティを取ろうとしているようでござる。

    この市場戦略の良し悪しはともかくとして、ソニー「らしさ」が失われていることは否めない気が致しまする。
  • イメージ
    ソニーですか・・・・・・
    ある意味私もソニーファンでしょうか?
    小さなころ新聞の株式欄で株価をずっと見ていた記憶があり、5500円ぐらいでした。
    ラジオも聞かないのにスカイセンサーも買い、ベータの初期のハイファイデッキ(メーカー希望価格298,000円)と、 たて続けにダビングするために2台買ったり、ウォークマン(カセットテープ式)も何台買ったものか・・・
     私にとって SONYブランド はジュエリーの様なものなのでしょうか。こうして今身の回りにある(テレビ、ノートPC、フロッピー、FMラジオ)ものが ソニー です。
     この“リモネン”の名もある意味のひとつです。
    銀行の合併するころから、将来は 松下とソニーも合併して
    「PanaSony」に成るのでは? と オヤジギャグを言っている、じじいの私です。
     でも、心は少年のままです( SONY に関しては )。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。