収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ668件目 / 全3681件次へ »
ブログ

2015年2月12日(記録のみ)

日経平均 ; 17979.72 (+327.04)
TOPIX ; 1449.39 (+21.67、4日続伸)
JASDAQ指数; 2368.47 (+9.73、2日続伸)
マザーズ ;884.03 (-1.08)

本日は記録のみ。日経平均が円安を背景に大幅上昇し、昨年12月の高値を更新しました。今度こそ18,000円の壁は破れるのでしょうか!?

------------------------------

日経平均327円高、円安受け大幅反発、昨年来高値更新=12日後場
2月12日(木)15時37分配信 モーニングスター

 12日後場の日経平均株価は前日比327円04銭高の1万7979円72銭と大幅反発。終値ベースで14年12月8日の1万7935円64銭を更新した。TOPIX(東証株価指数)も同21.67ポイント高の1449.39と、終値ベースで14年12月8日の昨年来高値1447.58を更新した。12日は1ドル=120円という円安進行を受けて、前場寄り付きから買いが先行。前場中盤には円安一服感から伸び悩んだが、昼休み時間帯に円が弱含んだことから、後場寄りは上げ幅を拡大。午後零時43分には同352円77銭高の1万8005円45銭まで上昇し、取引時間中としては、14年12月8日以来約2カ月ぶりに1万8000円を回復した。その後、利益確定売りにやや上げ幅を縮小したが、幅広い銘柄への物色に支えられ、1万7900円台後半の高値圏を維持した。

 東証1部の出来高は27億7325万株。売買代金は3兆1600億円。売買代金の3兆円超えは、SQ(特別清算指数)算出を除いて、14年11月12日以来3カ月ぶり。騰落銘柄数は値上がり1258銘柄、値下がり497銘柄、変わらず107銘柄。

 市場からは「日銀のETF(上場投資信託)買いなどで下値が堅いなかで、円安が進んだことから、大幅高となった。ただ、ギリシャ問題など外部の懸念は完全に晴れたわけではない。強いには強いが不透明感も残る。目先は16日の14年10-12月期GDP(国内総生産)速報値に注目している」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JR東日本 <9020> 、JR東海 <9022> など陸運、三越伊勢丹 <3099> 、高島屋 <8233> など小売、MS&AD <8725> 、損保JPNK <8630> など保険が値上がり率上位。個別では、丸井G <8252> 、セイノーHD <9076> 、アイダ <6118> 、スタジオアリス <2305> が東証1部値上がり率上位。ファナック <6954> 、ふくおか <8354> 、スクリーン <7735> 、ソニー <6758> 、パナソニック <6752> 、トヨタ <7203> 、三菱UFJ <8306> 、ファーストリテ <9983> も堅調。

 半面、昭シェル <5002> 、JX <5020> など石油石炭製品、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など鉱業、ブリヂス <5108> などゴム製品が値下がり率上位。個別では、スカイマーク <9204> (整理)、加藤製 <6390> 、スミダ <6817> 、ASB機械 <6284> が東証1部値下がり率上位。千代化建 <6366> 、日揮 <1963> 、住友大阪 <5232> 、丸紅 <8002> 、富士通 <6702> 、ソフトバンク <9984> も軟調。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。