収益性
0
活発度
46
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ918件目 / 全1049件次へ »

どこまでふんばれるか、日経平均

風邪で寝込んでいる間に、相場が大きく動いてしまった。まず先週のダウ終値は11842.69(‐220.40)。原油高と追加評価損による金融不安、GMなどの業績不安が急反落の原因といわている。日足、週足いずれも下降基調で、直近の安値11731を守りきれるかどうかが焦点である。週足のRCIはまだ底にとどいておらず、下げ余地がありそう。月足のRCIは底にあり、これ以上大きく下げるとは思いにくいのだが、楽観は禁物だろう。

ドル円は現時点で107.31となっており 多少円高に戻してきているがなお転換線、基準線の上で、本格的な円安への転換の兆しはでていない。もっともRCIは天井なのでこれ以上円高に大きく進む余地も乏しそうである。週足月足はいずれもなお円高方向維持している。

週末の日経平均は、 13942.08で -188.09となった。これは週末のNYを織り込んでいない数字なので、週明けにはさらに下げる可能性がある。まず直近の安値13810を守りきれるかどうか、が焦点であろうが、NYを素直にうつすと維持は難しいかもしれない。週足の転換線もすでにきっており、基準船13672も心もとない。週足RCIがてんじょうをつけているので、週足レベルでも調整に入る可能性が高そうだ。問題はどこまで調整するかだが、月足ではRCIも反転上昇しており、その基調はNYよりは腰が強いのではないかと思う。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/06/22(21:08)

 通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。