収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ316件目 / 全1732件次へ »
ブログ

「24人のビリー・ミリガン」

翌日、ドロシーとジュディは

ゲイリー・シュワイカートにも秘密を知らせるべきだとアレンに言った。

 

「とんでもない」

「でも、そうしなければ」ジュディは言った。「あなたを刑務所から救うためには、

 他の人たちにも知ってもらわなければならないのよ」

 

「約束したじゃないですか。同意したはずです」

「わかってるわ」ジュディは言った。「でも、大事なことよ」

 

「アーサーが駄目だと言ってる」

「アーサーと話をさせて」ドロシーが言った。

 

アーサーが出てきて、ふたりをにらんだ。

「いいかげんにしてください。考えることがいっぱいあるし、勉強もしなければならない。

 こんなふうにしつこく悩まされるのはうんざりです」

「ゲーリーに話す許可が欲しいの」ジュディは言った。

「ぜったいに駄目です。あなたたちふたりに知られているだけでも、まずいんだ」

 

「あなたを助けるためには必要なのよ」ドロシーが言った。

「助けはいりません。ダニーとデイヴィッドは助けを必要としているかも知れないが、

 わたしの知ったことじゃないんです」

 

「ビリーを生かしておくことは大事なんでしょう?」

アーサーの尊大な態度にかっとなって、ジュディは尋ねた。

「ええ」アーサーは言った。「でも、その代償はどれだけ高いものになるか。

 わたしたちは狂ってるとみんなに言われるでしょう。もう手に負えなくなりかけてるんです。

 ビリーが学校の屋上から飛び降りようとしたときから、わたしたちはビリーを生かしてるんです」

 

「どういうことなの?」ドロシーは尋ねた。「どうやってビリーを生かしてるの」

「いつも眠らせておくんです」

「これが審理にどれだけ影響するか、わからないの?」ジュディは訊いた。「刑務所か自由かがきまる    

 のよ。刑務所の塀の外で、考えたり勉強したりする時間や自由がほしいんじゃない?それともレバノ              

 ン刑務所へもどりたいの?」

 

アーサーは脚を組み、ジュディからドロシーへ、またドロシーからジュディへと視線を移した。

「女性と口げんかをしたくありません。この前と同じ条件で認めましょう──つまり、ほかのみん 

 なの同意が必要だってことです」

 

**********************************************

 

★「24人のビリー・ミリガン 上」

  ダニエル・キース著 堀内静子訳 早川書房 900円+税 2010.9.15.二十四刷

  P.104~106より抜粋

 

今、123ページまでの序盤だけ読んだところだ。

ビリー・ミリガンは実在の人物で、連続強姦魔として、さらに多重人格障害者として、

米国の犯罪史上においては有名な男性だ。

米国での初版は、1981年だという。

 

ダニエル・キースがどんな風に24人の多重人格者を描くのか、興味を持った。

初めの方は、他の人格が現れてくるところを少しばかり詳しく書いて、

あとは北方謙三や「バイオハザード」のように、実にさっぱりしたものだった。

 

表紙をめくるとすぐに、ビリー・ミリガンの描いたという絵が写真で掲載されている。

その十二枚の絵は、絵を描くのが得意なビリーの内部にいる数人が書き表したもので、

その画風はまったく異なっている。

 

疑おうと思えば、いくらだって疑える。

この十二枚の絵も、本人が描いたかどうか外部者にはまったくもって不明だ。

 

同じように、抜粋部に登場するゲイリー・シュワイカートも、

ビリー・ミリガンに疑いを抱く場面が、

そして、その疑いがはかなくも揺らぎ出すという場面が、

ちょうど123ページ部分だ。

 

ゲイリー・シュワイカートは、ビリー・ミリガンの中にいるという数人に目をつけ、

生まれ変わりの証拠を掴むために、それぞれのゆかりの地を訪ねたいと思いだしている。

 

最後まで読んでみないことには、

いやいや読み終わったとしても、いろいろな疑念がぬぐえるかどうかわからない。

が、読んでみないわけにはいかない。

 

PS:神社でオイラに憑いたというあの世の用心棒、

   ”弁慶”と”ウインダム”の謎を、少しでも解くきっかけをつかめるかも知れない。

 

   特に京都の伏見稲荷大社で憑いた”ウインダム”は、

   村上春樹の意識の地下二階にあるという創作の部屋へ、

   どうやら出入り自由な眷属らしいという気配が・・・。

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。