ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ73件目 / 全695件次へ »

「大阪碁キャンプ」はたけなわ  -大阪商業大学にて- 

 関西棋院の前田亮(六段)と Li Ting(初段)が事務局を務め、関西棋院と大阪商業大学が後援している「大阪碁キャンプ 2014」は6月29日から始まっており、今やたけなわです。

記念写真(7/11 ちょっとピンボケでごめんなさい)


 翔年は6月30日、7月1日、8日、11日、12日と友人を誘って出席しました。このキャンプは主に外国人向けで、今年の出席者は9カ国、25名、国別内訳は
米国        11人
中国         3人
シンガポール    3人
ドイツ         2人
イギリス       2人
ポーランド      1人
フランス       1人
台湾         1人
日本         1人
です。


Mr. Andy Allsop(左、イギリス人、6/30)、 Mr.Wolter Bernd(右、ドイツ人、7/8)



ある出席者の印象的な言葉です。
"Go is a big part of my life. It gives meaning to my life, too."
(囲碁は私の人生の大きな部分を占めています。それは私の人生にも意味を与えてくれます)

 翔年も心からそう思う。自分だけでなく、ここに3週間の碁キャンプの参加者も、いろんなサポートをして下さった大勢の囲碁愛好家の方々もそうであろうと推察します。



子ども達も元気一杯、大人に挑戦中(7/12)

 左端の子は小さいので碁盤がよく見えませんし、なによりも碁盤の奥に手がとどきません。(笑)大きなクッション持参で対局していました。それを見ている周りの大人達の慈愛に満ちた眼差しもよかった。


 
 この碁キャンプは7月18日で終了します。事務局によりますと、7月14日、15日、18日のリーグ戦(一局)、プロの講義と棋譜解説に2000円で日本人は一日参加できます。詳しくはHP のスケジュールをご覧になって下さい。
 参加ご希望の方は組み合わせの都合もありますので、事前に事務局 osaka.go.2014@gmail.com までお申し込み下さい。

 翔年は11日に来日したMr. Francis Roads(イギリス人) をつれて、14日(月)にリーグに参加する予定です。ヨーロッパとアメリカのコングレスに毎年出場していますし、音楽家なので彼のリコーダーを聴いた方はおられると思います。また彼は大の親日家で3度目の来日です。また新しい出逢いが生れることでしょう。





いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。お陰さまで「囲碁」も「政治評論」のジャンルもランキング上位に入っております。コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。お暇なときに見てくだされば嬉しいです。にほんブログ村にほんブログ村

 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/07/13(11:25)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。