天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ747件目 / 全3537件次へ »

2014年7月7日(記録のみ)

日経平均 ; 15379.44 (-57.69)
TOPIX ; 1279.87 (-5.37)
JASDAQ指数; 2197.25 (+7.86、2日続伸)
マザーズ ;918.439.21 (-0.78、3日続落)

本日も記録のみ。ソフトブレーンが、子会社がApple Consultants Networkに参加したとかで盛り上がっているようで。ずっと監視はしてましたけど、こういう材料がいつ来るかは読めないので、とりあえず持っておくというスタンスでないと無理ですね。

-------------------------------

日経平均は反落し安値引け、売買代金は4月22日以来の1兆4000億円台にとどまる=7日後場
7月7日(月)15時34分配信 モーニングスター

 7日の日経平均株価は、前週末比57円69銭安の1万5379円44銭と反落した。手掛かり難のなか、ジリ安の展開となり安値引け。史上最高値にあるNYダウの動きをみたいとして、様子見気分が広がった面もあるようだ。東証1部の出来高は16億8193万株。同売買代金は1兆4137億円で、4月22日以来となる水準にとどまった。騰落銘柄数は値上がり624銘柄、値下がり1025銘柄、変わらず166銘柄。

 市場からは「NYダウが心理的なフシ目の1万7000ドルを突破したが、今週から米国では決算が本格化することもあり、米国株式の動向を横目でみながらの状況となりそうだ。引き続き、個別のテーマの循環物色となりそう」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など鉱業株や、アイフル <8515> 、アコム <8572> などその他金融株が下落。昭シェル <5002> 、JX <5020> など石油石炭株や、伊藤忠 <8001> 、三菱商 <8058> など卸売株も安い。王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などパルプ・紙株、東ソー <4042> 、信越化 <4063> など化学株も軟調。旭硝子 <5201> 、太平洋セメ <5233> などガラス・土石株、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> など銀行株も売られた。

 個別では、前週末4日に年初来高値を更新していたディップ <2379> や芦森工 <3526> などが、利益確定売りに押され反落。その他ではトーセイ <8923> 、ワキタ <8125> 、ミタチ産業 <3321> などが安い。半面、5日付の日本経済新聞は、15年5月期の連結純利益が14年5月期推定比2倍の12億円になると報じた東洋電機 <6505> が4日続伸となった。また、次世代電池関連として一工薬 <4461> に物色の矛先が向かい、一時80円ストップ高の498円まで買われ、1月24日に付けた年初来高値462円を大きく更新した。その他では、ソフトブレーン <4779> 、チノー <6850> 、オーバル <7727> なども高い。なお、東証業種別株価指数は29業種が下落、4業種は上昇した。

 -------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/07/07(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。