元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ370件目 / 全1681件次へ »

星新一ミステリーSP

2/15(土)、雪害のため新聞が来ない中、

リモコン経由な番組欄にて表題の番組を発見し、

急ぎ視た。

 

星新一が書いた作品の中から、特にオモロイとされる5作をドラマ化したオムニバス。

http://www.fujitv.co.jp/hoshi_sp/story.html

 

予想以上にオモロかった。

1 「程度の問題」

2 「きまぐれロボット」

3 「霧の星で」

4 「七人の犯罪者」

5 「華やかな三つの願い」

たしかこういう順番で、オムニバスされていた。

 

文章だけでは伝わりにくい部分が、

今どきの技術で映像化されると、ここまで良くなるのかと思ってハッとした。

 

オイラには、特に1、2、5が甲乙付けがたいほど良かった。

中でも5。遠藤憲一がイイ味を出していて。

 

彼はその話で、人間の姿をした冴えない悪魔を演じていた。

悪魔なのになぜか、ちょいとイイ奴だったりする。

そんな彼が、壇密演じるこれからビルの屋上から飛び降りようとする女に、

死ぬ前に願い事を三つ叶えてやるという。

ただし、女が死んだあとに魂をいただくという、よくある交換条件付きだ。

 

女は、芸能スターと、やりての女社長に生まれ変わった。

しかし、何かが足りない。

そこで女が想った、最後三つ目の願いは・・・。

 

「私はしがない悪魔の中間管理職、あなたのその三つ目の願いだけは叶えられません。

 もう、あなたの魂もいただきません。勘弁して下さい」

 

そんなことを言い放って、悪魔は女から逃げようとするのだが・・・。

 

この悪魔の役どころは、遠藤憲一でないと成り立たないと想われる。

また、女の役どころも、壇密以外に考えられない。

そんな風に、このオムニバス、それぞれの役者を配役する芸にも、目を見張るものがあるのだった。

 

PS:「マキタスポーツ」という男優なんだが、

   あなたはTV東京で放映されていたエスパーもののドラマでも、

   どーしょーもないエロ男役だったけど。

   これがまた、イイ味なんだよなぁ。。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    星新一
登録日時:2014/02/16(14:27)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。