収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ401件目 / 全1710件次へ »

私小説とは他人を書くこと

2/12(水)日経夕刊、文化欄。

佐伯一麦(さえきかずみ)という作家が書いていた。

以下は、その抜粋。

 

*******************************************

私小説は自分の内面を暴くものという考え方があり、

ぼくも若い頃はそうしていたが、

いつしか疑問を抱いた。

そんなとき、私小説は他人を書くことなんだよ、と寺田さんに教えられた。

「私」を書くということは取り巻く人々を書き表すことだと。

そこから書き方が変わった。

*******************************************

 

その左下では、丸山健二が書いていた。

「千日の瑠璃」という作品を22年ぶりに全面改定したという。

「直すのが面白い」のだという、彼の語りを聞いてオモロかった。

黒田夏子のような執念だ。

 

丸山健二の右側では、前野健太というシンガー・ソングライターが書いていた。

「ある日、飲み屋で酔ったスーツ姿の客が話しかけてきた。

 『いろいろあるけどね、悩み、不安、最高だよね』などと哲学的なことを口走る。

 詩人は街にいるのだなと思って、すぐにノートに書き留めた」

悩み・不安・最高というフレーズは、前野健太の歌詞になった。

 

詩人は街にいた。中原中也もそうだった。

けれど彼は酒癖が悪く、客が寄りつかなくなり、

骨董で有名だった青山が開いた飲み屋は潰れてしまったというが。

 

酒・文学・オモロイ。

 

 

 

登録日時:2014/02/13(02:01)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。