収益性
50
活発度
58
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
56

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ448件目 / 全1725件次へ »
ブログ

村上春樹作 「ドライブ・マイ・カー」

オカルト雑誌「ムー」を手にして振り返ると、

文藝春秋が目にとまった。

芥川賞発表のとき以外に買うことはなかったのだが。

 

村上春樹は依頼の仕事を引き受けないと、Wikipediaには書いてある。

どうした気まぐれなのか、この「ドライブ・マイ・カー」という短編作品は、

文藝春秋12月号への書き下ろしだった。

 

パラパラとページをめくると終わりの方に、

三浦しをんも登場していたし、

前の方には北方謙三の「私とお伊勢さん」記事があったりして、

これはもう、買うより仕方がないという状況になった。

 

文藝春秋12月号の隣には、1月号が置いてある。

そこにもまたまた、村上春樹の書き下ろし短編が掲載されており、

これももう、買うより仕方がないという状況になった。

 

気がつくと例の如く、彼の文体に引き込まれて

どっぷりと作品の中に浸っている自分を発見する。

 

おかしいと思わないだろうか、彼の文体。

別にこれといってはっきりとした技があるようには思えない。

川上弘美の文体なら「ここがイイ!」と指摘できるようなものがない。

なのに魅せられてしまうのは、どーいうことなんだろう???

 

なんだかもう、狐につままれたような気分だ。

そういえば、村上春樹が京都生まれなのは知っていたが、

Wikipediaを改めて読んでみると、

驚いたことに「伏見区」の生まれとなっていた。

やっぱり、村上春樹は稲荷な人なんだな、と思うより他はなかった。

 

ということは、彼が「1Q84」でオイラを材料にするしか道がなかったのは、

伏見稲荷から村上への「囁き」なのだと確信している。

だから書いてしまったことを、そんなに後悔しないで欲しい。

オイラに対して、怒りを覚えないで欲しい。

 

IT談合なんぞに手を染める今どきの企業人間に対する、

神からのメッセージなんだ「1Q84」は。

人間の良心って何なのか、よく考えろという稲荷からのメッセージなんだ「1Q84」は。

 

知事関係者が二人も藤沢で落雷に遭って死んだのも、

神社に降臨した神からの、メッセージなんだ。

 

「ドライブ・マイ・カー」は、死んだかみさんの不倫相手と、

残された主人公である旦那との絡みが書いてある。

オイラはこの構成を素直に受け取らない読み方をした。

 

死んだかみさんが「1Q84」で、残された旦那は村上春樹、

そして不倫相手の男性は、オイラだ。

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。