収益性
50
活発度
57
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
55

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ448件目 / 全1726件次へ »
ブログ

村上春樹作 「イエスタデイ」

(略)昨日は

   あしたのおとといで

   おとといのあしたや

   それはまあ

   しゃあないよなあ(略)

******************************************

「文藝春秋 新年特別号」

 村上春樹著 「イエスタデイ」P.397より抜粋

 

ビートルズの「イエスタデイ」を関西弁バージョンで作詞したもの。

「村上ラヂオ2」を読んだ人なら、

前作の「ドライブ・マイ・カー」も、今回の「イエスタデイ」も、

私小説風な作品だとすぐにわかるだろう。

 

いやひょっとしたら、一部だけ私的な材料を織り交ぜた創作の可能性もあるけれど、

ひょっとしたら、本当に私小説かも知れない。

これは、書いた本人しかわからないことだけど。

 

「ドライブ・マイ・カー」も、「イエスタデイ」も

お題は「女のいない男たち」なのだと副題にある。

今の世は、生涯独身であったり、離婚したり、家庭内別居などで

「おひとりさま」が増殖しているところなので、

これから同様のテーマは、小説としてウケるのかも知れない。

 

青山にある根津美術館裏のバーというのが、

「ドライブ・マイ・カー」に出てくる。

本当にあるかどうか、いつか墓参りに行った時にたしかめてこよう。

「村上ラヂオ2」では、昔通った飲食店として出てきていても、

現在は移転している店がほとんどと書いてあったので、

今はもうないのかも知れないが。

 

それにしても両方とも、オモロイ短編小説だった。

短篇小説は、読後の余韻が大切なのかも知れない。

浅田次郎「月島慕情」のように強烈な余韻ではないけれど、

そこはかとない余韻というのも、イイものだと知った。

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。