元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ395件目 / 全1667件次へ »

デイビッド・セインへ、いくつかの疑義

いろいろ教材やら何やら比較しているのだけど、

デイビッド・セインの見解に疑義を覚えるようになっている。

 

たとえば、「good-bye」は「あばよ」と悪態系の訳を紹介しているが、

例えば大ヒットした次の曲を考えると、「あばよ」じゃない。

日本人が作った英和辞書も捨てたものじゃないかも知れない。

 

「Time to say goodbye」サラ・ブライトマン

http://www.youtube.com/watch?v=vl6h7UWo1_Q

 

「sorry」系の訳も、いい意味での訳を紹介せず、悪態系な訳なのだが、

「エブリデイ・イングリッシュ」では、

店員と客というシチュエーションで普通に使われている。

 

デイビッド・セインの気を利かせた訳の方が納得できる場合も多いのだが、

そっくりそのまま全部を信頼できるわけでもなさそうだ。

 

英語といっても、イギリスとアメリカでは色々違うし、

同じアメリカでも方言があったりするし、

一方で日本人と東南アジア人とが英会話すれば、またまた亜流の話し方になったりする。

なので、デイビッド・セインを責めているわけではないのだけど、

語学の学習というのは難しいものだと、考えを改めているところだ。

 

しばらくは「エブリデイ・イングリッシュ」と、

デイビッド・セインの書籍でマイペース学習するつもりだが、

双方の違いについて、どのように検証していくべきなのか、検討中だ。

双方共にドンピシャリならば、それはそのマンマいただきだ。

 

PS:似ているようで違った味の話だけど、

   レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」原典を和訳している時に、

   どうしても意味不明な言葉があった。

 

   悩みに悩んでいろいろ調査してみると、

   レイモンド・チャンドラー自身も頭にきていたという、

   当時の活字職人による誤植が原因だったと、

   村上春樹は最後の長い解説で書いていた。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ネコが学ぶ英語
登録日時:2013/12/03(01:08)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。