証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

書評欄 日経VS読売

さーてとっ、今日はくち直しだぁ。

 

「本よみうり堂」には、三浦しをんが谷崎「細雪」の書評を書いていた。

最後が「下痢」の話題になっていたのが、なんともしをんぽい。

「下痢」の原因が「期限切れ」食品によるものだったら、笑える。

 

実はまだ、谷崎作品を一度も読んだことがない。

読もうと思っていたら、故山崎豊子の影響でバルザック「谷間の百合」の方にいってしまったからだ。

でも、しをんがオモロイというのなら、今度読んでみよう。

 

そういえば、三浦一族というのが鎌倉時代にいたのだが。

「油壺」という地名は、闘いに敗れ、自害して絶滅した三浦一族の血によって、

海面が真っ赤に染まったところから由来されたと、マエストロ掲示板で書いたことがある。

元ネタは、NHK教育だっただろうか。

三浦しをんの三浦は、三浦一族と関係があるのだろうか?

 

似たような例では、以前の職場で和田という親父さんと知り合ったことがある。

住んでいたところがそのものずばりな場所だったので、和田一族の関係だと思われる。

人の心も恐ろしいが、鎌倉時代も恐ろしい。

 

日経では、「半歩遅れの読書術」にて、

野谷文昭という作家が「小説の話法と効果」という題目で、

ヘミングウェイの「老人と海」を説明していた。

「自由間接話法」という手法について、具体的に述べられていたので、

「老人と海」も読まないといけない。

 

ヘミングウェイの文体については、

「ロング・グッドバイ」の90ページにも渡る巻末解説の中で、

村上春樹により書かれており、一石二鳥になりそうだ。

 

この二紙による書評欄を読んでいると、

かなりの作品に興味が湧くのだけど、全部につきあっているとお金が足りないので、

泣く泣く端折って作品を選んでいる。

またこの作品だったら、安価な文庫本になるだろうという案配で、見送る時もある。

 

毎週日曜日になると、

オイラは戦国武将とではなく、財布との闘いを繰り広げるのだった。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/11/18(00:48)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+15.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

76.0 24.0
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,421.95

▲ +146.96

TOPIX

1,479.92

▲ +12.96

JASDAQ総合指数

118.88

▲ +0.41

米ドル/円

113.68

▼ -0.18

ユーロ/円

122.33

▼ -0.23

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ