証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

今の民主党には失望ですが日本の危機を救った方々には感謝

今の民主党は政権与党時を反省していることを示す為か迫力が無く埋没しています。

国会審議では、他の野党に比べ、得意分野でも無いのに長々と甘い追及をしたり、自己PRをしたりと、失望することが多くありました。

また参議院選挙の政見放送でも、一般人の世間話の延長かと思われるぐらい迫力が無く説得力の無いように感じました。唯一、細野幹事長がTVで活躍されているぐらいで、恐らく選挙結果も酷いものになるものと予想します。

但し、福島原発事故で吉田元所長と共に東工大コンビで日本の原発事故での日本崩壊の危機を奇跡的に回避した菅元首相に感謝しています。詳細は昨年の12月8日及び今年の3月16日の日記を参照

また、党利党略に走らず今後の日本の将来の発展の為に大胆な決断をした野田前首相に感謝しています。主な功績は次の通りです。
①国民生活を優先し、特例公債法案を通す為、国会議員の定数削減と選挙改革を約束させたうえで、衆議院を解散させた。
②今後3年間は特例公債法案は予算と一緒に処理されるようにした為、仮に今回の参議院選挙で与党が過半数取れなくても、ねじれの参議院での可決が不要になり、本来の衆議院の優先が機能し、首相の毎年交代が無くなる可能性が高く、政治の安定、継続性が高まる。
③社会保障と税の一体改革法案を成立させたことにより、長期的に財政再建への取り組みに前向きであることを示し、国内外の信頼を取り戻すことができた。当然消費税増税に伴い、歳出削減、行政改革等も実行され、財政再建が確実に進展するものと予想。
④円高対応として為替介入を行い、また、日銀と協力して海外の買収等の投資を促進する資金支援を行った。現在貿易収支が大幅に悪化しているにもかかわらず、経常収支の黒字が継続しているが、その成果が出ているものと思われる。
尚、残念ながら当時は政権与党内の内紛、野党の攻撃で政治が混乱し、個人投資家等の国内投資家の信頼が得られず、急激な円高と日本株安を止めることが出来なかった。

日本の発展には継続性のある安定政権が必要で、安倍首相に頑張って頂きたいと考えますが、一方、政権与党の暴走を抑える為、強い野党も必要です。今回の選挙で民主党は壊滅的な打撃を受けると思われますが、選挙後は野田前首相、細野幹事長、玄葉前大臣等に期待しています。

追伸(昨日と同一内容)
今後の日本株価がどうなるか全く解りませんが、外交、国内政治、選挙結果予想、外部環境の変化等により、大きく変動する可能性があると考えます。従って、割安と考えられるものの押し目をコツコツと買い進め(目標まで上昇したものはコツコツと利益確定)たいと思います。但し昨年と同様のパターンも充分有りえる為、底値圏と思われる場合でも信用余力100%をキープした上で投資を行うことが無駄な損切りを抑えるのに有効だと考えます。現状は高値圏にあると考えますが、安易に空売りするとひどい目に合いそうです。
尚、昨年とは異なり、野党は何でも反対では無く、前向きな提言が多く、現状の国会がねじれている状態の方が、与党の暴走を抑え、経済成長、財政再建、行政改革、近隣諸国との関係改善等が進められると思われますので、与党が圧勝しない方が、日本株上昇が期待できると思います。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/07/14(14:45)

通報する

このブログへのコメント

1~5件 / 全5件

  • 通報する

    2013/07/14(15:38)

    民主党とみんなの党が参議院で何でも反対の姿勢で重要法案を葬り去って国民生活に重大な影響を与えたことは忘れることができません。

     

    民主党がもう少し責任野党として見識があれば、生活保護法や電力自由化法案等が成立していたわけであり、民主党の反対のための反対は与党を経験した政党としては何の進歩もない無責任政党であることを証明してしまいました。

  • 通報する

    2013/07/14(19:56)
    montontonさんコメントありがとうございます。
    そのような見方が大勢のようですが、私の妄想かもしれませんが次の理由により、重要法案が廃案になった原因は与党側の責任が大きいものと考えられ、与党と民主党以外の野党の策略に、お人好しの民主党が嵌められたのもの考えます。 昨年の自民党の野田総理の消費税反対の問責決議賛成に比べたら、今回の民主党の判断の方が遥かに筋が通っていると思います。議会政治の根幹を揺るがす最高権力者の憲法違反の審議拒否は許されないものと考えます。

    ①本来重要法案を通そうと思ったら安倍総理の問責決議の前に法案の裁決を実施すべきで、それを後回しにした。
    ②廃案になったものは、与党より民主党が積極的に取り組んできたものが多い。
    ③問責決議については、民主党は安倍内閣の審議拒否の憲法違反に対して賛成すれば、重要法案が廃案になるのは確実で、一方憲法違反を見逃せば野党として責められ、どちらに転んでも民主党は不利になる。
    ④問責決議可決時の自民党の方々の表情に悲壮感が全く見られず、含み笑いの表情と、その後の準備周到の安倍総理の記者会見での民主党批判とねじれの弊害を訴える選挙演説。
  • 通報する

    2013/07/15(17:14)

    残念ながら根本的に間違っていると思います。

     

    早期採決を求めた自民党の要求を無視して最終日まで採決もしないで引き伸ばし、最終日になって問責決議を提出してすべてを葬り去ったのはみんなの党と民主党です。

     

    問責決議案は全ての法案に優先して審議すべき法案であり、

    これが提出されたらどんな重要法案があってもそれより先に問責決議案を決議しなければなりません。

     

    民主党は国民の利益よりも自分達の党利党略だけを考えて国民無視のサボタージュを敢行したわけであり、議会制民主主義を冒涜しているとしか言いようがありません。

     

    民主党がまともに対応していたら、生活保護者の不正受給や働かずに生活保護をもらい続けている人達をなくすることができ、国民が余計な負担をしなくても済むようになったはずです。

     

    電力自由化法案も原発停止後の将来をにらんだ発送電分離の実現が速まったわけで、電力料金の際限のない上昇に歯止めがかけられたことでしょう。

     

    これらの国民の利益を重視した法案が民主党の党利党略による反対のための反対により葬り去られたことは残念でなりません。

     

    一つだけ民主党にとって言い訳ができるとすれば、

    問責決議案を提出したのはみんなの党であり、民主党はそれに同調しただけだと開き直ることができることでしょう。

    重要法案廃案に対して自分達はみんなの党よりも罪は軽いと自己弁護できるのかもしれません。

     

    みんなの党は民主党が問責よりも重要法案の成立を優先していると勝手に考え、仮にみんなの党が問責を提出しても民主党は反対して問責が否決され、重要法案が成立して、みんなの党は自民党に抵抗した唯一の政党だと参院選で宣伝できると考えたのでしょう。

    ところが民主党が問責に同調したために重要法案を葬り去ったA級戦犯の汚名を民主党と共に着せられることになったのです。

     

     

     

     


     

  • 通報する

    2013/07/15(19:41)

    montontonさんコメントありがとうございます。
    ご丁寧にご教示下さり感謝致します。良く理解できました。
    でも結局は(与党と)民主党以外の野党の策略に、お人好しの民主党が嵌められたのもの考えます。
    私が民主党の代表であれば、一部の議員に棄権させ、他は賛成することにより、問責決議を否決し、重要法案を成立させます。

    以前、党内の意見が割れたことで批判を受けたことが、とらうまとなっていたものと予想されます。
    民主党の方々は本当にくそ真面目な方が多いようです。みんなの党や維新の橋下さん達と一緒になると丁度良くなるかもしれません

  • 通報する

    2013/07/16(15:48)

    >私が民主党の代表であれば、一部の議員に棄権させ、他は賛成することにより、問責決議を否決し、重要法案を成立させます。

     

    その通りだと思います。

     

    民主党は野党ですから安倍政権に賛成はできないでしょうが、

    棄権して安倍政権に賛成ではないという意思表示をして問責を否決させ、

    そのあとで重要法案を採決すれば民主党の顔は立ったはずです。

    みんなの党も安倍政権への反対のリーダーシップを取ったと言う実績も示せます。

     

    ミエミエの猿芝居ですが、三文芝居でも棄権という大人の対応をすれば国民の民主党やみんなの党に対する批判も今ほど激しくはなかったでしょう。

     

    あの事件で両党の信用は地に落ちてしまいました。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

ニッパチの星さんのブログ
トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+16.8%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

78.5 21.5
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,360.54

▲ +85.55

TOPIX

1,477.20

▲ +10.24

JASDAQ総合指数

118.66

▲ +0.19

米ドル/円

113.90

▲ +0.04

ユーロ/円

122.25

▼ -0.31

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ